忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

中国の巨人症の女 ― 貧困と悲運が引き起こした悲しい死

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

中国の巨人症の女 ― 貧困と悲運が引き起こした悲しい死

中国の巨人症の女 ― 貧困と悲運が引き起こした悲しい死

 

 中国の農村、舒茶村で72年に生まれた姚徳芬(ヤオ・ダーフェン/Yao Defen)さんは、幼少期の頃から食欲旺盛で元気な女の子だったが、11歳の時には身長が188cmあり、ほかの女の子とは比べものにならないほどの逞しい体つきに育っていた。

その他の画像と動画はこちらから

 姚の実家は食べ盛りの姚の食費を賄うことが大変なほど貧しく、家族は将来、姚がプロのバスケットボール選手になることを望んだ。彼女自身も15歳になると、学生チームのトライアルに参加してチームへの本入団を心待ちにしていた。しかし、姚は突然、ある朝の練習中に意識を失って倒れてしまう。

 病院に運ばれた彼女を待ち受けていたのは、巨人症を患っているという事実だった。ホルモンの異常によって体の構造が脆弱となり、さまざまな内臓疾患を抱えているという診断が下ったのだ。

 一般的に、巨人症とは100万人に3~4人の確立で発生する珍しい病だ。脳内にある成長ホルモンを産生する下垂体が腫瘍によって引き起こされ、過剰に成長ホルモンが分泌されることが原因とされる。だが、医学の発展した現代社会では早期の処置をすることによって、ほとんどの人が健全な生活を受けられるまでに回復するといわれる。

 ところが、姚の場合、実家が貧しく病院へ行くことができなかったため、15歳の時点で身長は大きくなり過ぎていた。既に身長は198cmを超えていたのだ。それでも原因とされる下垂体の腫瘍を取り除く手術を受けさえすれば、それ以降の成長を食い止め、さらに脆く育ってしまった体を回復することができると医師は診断する。しかし、不幸なことに手術費用を捻出することができず、なんの処置もされないまま退院した。

 その後、家の貧困問題から姚は学校に通えず、まともな職にありつけなかった。そんな彼女が働ける場所といえば、サーカス団で見世物になることくらいだった。彼女は20歳でサーカスに入団するも、耐え難い辱めや、囚人のようなひどい扱いを受け、数年後には逃げるようにして退団。だが、巨人症を患っている姚の姿をたまたま見た医師が、彼女の治療に当たりたいと申し出たことは不幸中の幸いであった。そのころの彼女の身長は229cmを超えており、それ以上の成長は彼女の命に関わるとして、一刻も早い治療が必要であったのだ。

 00年、遂に姚は腫瘍を摘出する出術を受けるに至った。しかし、その時点で腫瘍はかなり大きく、脳内に入り組むまでに育っていたため、完全に摘出されることはかなわなかった。術後、彼女の成長は一時的には止まったものの、数年掛けて再成長をはじめた。10年にイギリスのドキュメンタリーチームが彼女の治療を試みるが、その時点で姚の身長は234cmまでに育っており、ギネスブックに『生存する女性の中で最も背が高い女性』として認定される。

 この頃になると、彼女の病は末期的で腫瘍が脳内で育み、体の至るところに悪影響を及ぼした。視神経を圧迫し視力は弱まり、性ホルモンの欠落によって、彼女の子宮は縮んでほぼなくなっていた。加えて、心臓は育ちすぎて血液を正しく循環できておらず、脳には血栓の兆候が見られ、下垂体の腫瘍は手術できない状態にまで拡散していたのだ。それでも、医師団はあきらめず、ホルモン治療により症状の安定化を試みた。

 だが、その甲斐むなしく、12年末、とうとう姚は41歳という若さでこの世を去ってしまう。もし、彼女が幼少期から定期的に健康診断を受けられる状態にあり、早期に処置を受けてさえいれば、彼女の悲劇は避けられたに違いない。悲運と貧困の二重の悲劇が生み出した、なんとも悲しい人生であった。
(文=五月松鯉)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R