忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

おニャン子クラブとAKB48、ファンの“熱量”の違い

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

おニャン子クラブとAKB48、ファンの“熱量”の違い

 おニャン子クラブとAKB48、ファンの“熱量”の違い

 今年4月に結成30周年を迎えたおニャン子クラブが、予約限定で発売したCD126枚セットにしたBOX盤が、人気を博している(3月31日受付終了)。音楽プロデューサーの秋元康は、おニャン子で得たノウハウを活用してAKB48という21世紀のモンスター・アイドルグループを作り上げたのは周知の事実。では、おニャン子クラブとAKB48、それぞれのグループを取り巻くファンの“熱量”にはどのくらいの違いがあるのだろうか? 時間を30年前に巻き戻して、改めておニャン子クラブに対するファンの“熱量”を検証してみた。
 
 【特集】アイドルにとって“卒業”とは!?
 
 ◆メディア力で一気に全国区となったおニャン子に対し、地道な活動が実を結んだAKB48
 
  一世を風靡したアイドルグループを取り上げる際に比較対象として常に取り沙汰されるおニャン子クラブ。特に、おニャン子関連作品の大半を秋元康が手がけたため、どうしてもAKB48がオーバーラップしてくる。とはいえ、“テレビが生み出した”アイドルと“劇場が生み出した”アイドルを単純に比較するのは難しい。おニャン子クラブの発信源となった夕方5時~6時に生放送された『夕やけニャンニャン』(85年4月~87年8月 毎週月曜~金曜 フジテレビ系)は、放課後の“クラブ活動”がコンセプトのプログラム。今やその時間帯はニュースがメインで、ここにも30年の時間の流れ、文化の変容を感じる。一方、劇場から活動を始めたAKB48は“会いに行けるアイドル”をコンセプトに、“東京ローカル”に根ざした地道な活動からファン層を拡大。メディアを背景に一気に全国区へと駆け上がっていったおニャン子とでは、そもそも“出自”が違いすぎる。そこで、彼女たちをバックアップするファンの熱狂度“熱量”の違いを測ってみようと思う。
 
  まず、わかりやすいのは作品の売れ行き比較だ。“全国区”でスタートしたおニャン子クラブは、デビュー曲「セーラー服を脱がさないで」で最高位5位を記録。アイドルイベントのメッカとされる東京・池袋サンシャイン噴水広場でのデビューイベントに観客が集まり“すぎて”、周辺のテンポが軒並みシャッターを下ろす非常事態を招き、イベントが中止に追い込まれた。その勢いは“レジェンド”級だったと言える。一方、“インディーズ”で発売したAKB48の「桜の花びらたち」は、10位という結果。メジャーデビュー作「会いたかった」は12位止まりといきなりブレイクとはいかなかったが、その後のセールスの伸びは大きく異なる。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R