忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

スレンダー女性の「食習慣」5つ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

スレンダー女性の「食習慣」5つ

 スレンダー女性の「食習慣」5つ

 【モデルプレス】仕事で忙しい毎日を送っていると、運動をする時間を確保できませんよね。
 
 【さらに写真を見る】スレンダー女性の「食習慣」5つ
 
 やはり、痩せるには、食習慣の改善が第一。食事の量はそのままでも、食べ方や食べ物のチョイスを変えるだけで、別人のような体型になれるのです。
 
 そこで今回は、スレンダー女性の「食習慣」をリサーチ。6つの項目にまとめました。
 
 1.「噛みごたえのある食材」を選ぶ
 
 柔らかいものばかり食べていると、食後に満足感を得ることはできません。
 
 Nさん(23歳・大学院生)によると、「玄米、コンニャク、ゴボウなど、噛みごたえのある食材を選べばOK。噛んでいると、脳が刺激されて、『もう満足だよ』というサインを出してくれる。食べ過ぎる心配はない。それに、玄米、ゴボウ、コンニャクには、良質な食物繊維が豊富。お通じを改善することができるの」とのことです。
 
 よく噛む習慣が身につくと、歯も強くなります。一生、自分の歯で食べ続けたいなら、噛みごたえのある食材を選びましょう。
 
 2.味つけは「薬味」に頼る
 
 塩分たっぷりの調味料は、体のエネルギーになります。が、過剰摂取してしまうと、肥満の原因になります。
 
 Sさん(25歳・美容ライター)によると、「自分で料理したときは、なるべく、薬味で味付けをするの。薬味というのは、ネギやショウガ、ミョウガね。これらの食材には、『硫化アリル』や『ショウガオール』といった、体を温める成分が入っているのよ」とのことです。
 
 調味料だけに頼らず、薬味をたくさん使って味わうようにしましょう。
 
 3.「手間」を惜しまない
 
 粉末ダシや缶詰は、とっても便利。ですが、毎日食べ続けるのは、けっして良いことではありません。
 
 Mさん(23歳・美容師)によると、「疲れていても、料理の手間を惜しまないほうがいい。たとえば、味噌汁のダシ。昆布やカツオから取れば、ミネラルがたっぷりのダシになるの。あと、缶詰の魚は確かに美味しいけど、自分で焼いたほうが、焦げ目の香りも楽しむことができるし、栄養価も高いの。栄養を体中に巡らせることができれば、イライラする心配ゼロ。過食に走るリスクが減るの」とのことです。
 
 栄養を摂ることができるのはもちろんのこと、手間をかけると、調理時間が長引くので、満腹感を得ることができそうですよね。
 
 4.「ネバネバ食材」を毎日食べる
 
 ネバネバ食材は、日本の文化ですよね。
 
 Aさん(26歳・栄養士)によると、「山芋、オクラ、納豆といった、ネバネバ食材を毎日食べるのがおすすめ。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R