忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

「チームの助けに」横浜FMファビオが後半ATに劇的同点ボレー

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「チームの助けに」横浜FMファビオが後半ATに劇的同点ボレー

 「チームの助けに」横浜FMファビオが後半ATに劇的同点ボレー

 「チームの助けに」横浜FMファビオが後半ATに劇的同点ボレー「チームの助けに」横浜FMファビオが後半ATに劇的同点ボレー
 [4.12 J1第1ステージ第5節 横浜FM1-1仙台 日産ス]
 
  公式戦3連勝と好調の横浜F・マリノスを敗戦の危機から救ったのは、26歳のブラジル人だった。
 
  決定機をつくりながらもゴールが遠く、敗色濃厚だった後半アディショナルタイム。仙台DFのクリアボールは、前線に上がっていたMFファビオの前にこぼれる。「しっかりと強く、ゴールに行くか、サポーターのほうに行くか、というぐらいの気持ちで蹴った」。浮き球をダイレクトでとらえると、再三好セーブを見せていたGK六反勇治も及ばず、仙台ゴールに突き刺さった。「いろんな要素が重なった失点」と残り数分で失った勝ち点3を、仙台のMF富田晋伍は悔やんだ。
 
  後半途中からセンターバックに下がっていたファビオは、それまではボランチでプレーしていたが、自身のクリアミスから先制点を献上している。自陣深い位置でクリアを試みるも、目の前にいたMF梁勇基に当たり、ボールはFWウイルソンの元へ。そのままクロスを入れると、DF鎌田次郎のジャンピングボレーが味方ゴールを揺らした。
 
 「常に試合に入るときにはチームの助けになろうと考えている。守りのほうもそうですし、チャンスがあれば何とかゴールを決めようという気持ちでやっていたのですが、あのプレーの後はその気持ちは増しました。もっと助けにならなければ……」
 
  強い気持ちでプレーし、ミスを帳消しにしたファビオ。奇しくもこの試合で生まれた2ゴールとも、センターバックによる豪快なボレーシュートになった。
 
 (取材・文 奥山典幸)
 ▼関連リンク
 [J1]第1ステージ第5節 スコア速報

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R