忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

【米国はこう見ている】またも快投の田中将大に絶賛の声 ヤンキース監督「腕がすごく振れている」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【米国はこう見ている】またも快投の田中将大に絶賛の声 ヤンキース監督「腕がすごく振れている」

 【米国はこう見ている】またも快投の田中将大に絶賛の声 ヤンキース監督「腕がすごく振れている」

 OP戦2度目の登板で4回途中無失点、初の開幕投手に前進

  ヤンキースの田中将大投手が、オープン戦2度目の登板となった18日(日本時間19日)のブレーブス戦で3回2/3を2安打無失点、無四球、3奪三振と好投した。チームは12ー5で勝利。2試合連続の完封でジョー・ジラルディ監督や同僚から絶賛され、4月6日(日本時間7日)のブルージェイズ戦での自身メジャー初となる開幕投手抜擢にも前進した。地元紙「ジャーナル・ニュース」が報じている。

  田中は1回1死から2者連続三振を奪うと、そのまま勢いに乗った。全ての球種をテストし、圧巻の無失点ピッチング。2イニングをわずか19球で投げきった12日のブレーブス戦に続く快投だった。

 「彼の腕はすごく振れていた。今年のスプリングキャンプで少し違った調整法を導入している。仕上がりを少し遅らせている。準備に多大な時間をかけるようにしている。それが昨年よりも田中自身が好調と語る理由だろう。スプリングキャンプで何をするか、1度経験したことも良かったかもしれない。去年はアメリカのキャンプが初めてだったから。それが彼の準備に役立ったかもしれない」

  ジョー・ジラルディ監督はこう絶賛している。

  田中は昨年7月に右肘靭帯部分断裂で2か月半に渡って離脱した。さらに、右膝の手術明けのCC・サバシア投手ら、ヤンキース先発陣には健康に不安を抱える投手が多い。首脳陣はその現状を鑑みて、スロー調整を進めてきた。慎重な準備がここにきて結実しようとしている。田中自身も試合後、スローペースの調整が役に立っていると語っていたという。

 ■女房役も「またしてもすべてのボールを狙い通りのコースに投げていた」と脱帽

  それでも、指揮官は田中の健康状態について慎重な姿勢を崩さない。肘の靭帯を再び損傷すれば、レンジャーズのダルビッシュ有投手のように靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けなければいけない。復帰までに全治1年~1年半を要することになる。

 「スプリングキャンプ初日から我々は彼の調整ぶりにとても喜んでいる。前にも言ったけれど、田中の1球ごとに身を乗り出さなければいけないとするなら、シーズンは長すぎるね。そうなるかもしれない。だが、彼は健康に見えるし、いいボールも投げている。だから、彼にはこのまま走ってもらって、身体を仕上げてもらうしかないね」

  ジラルディ監督はこう語ったという。

  また、女房役のブライアン・マッキャン捕手は「素晴らしかったよ。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R