忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

【米国はこう見ている】ダルビッシュが手術ならレ軍の2016年日本開幕戦計画が白紙に!?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【米国はこう見ている】ダルビッシュが手術ならレ軍の2016年日本開幕戦計画が白紙に!?

 【米国はこう見ている】ダルビッシュが手術ならレ軍の2016年日本開幕戦計画が白紙に!?

 「2016年シーズン開幕戦を行うためのすべての交渉が打ち切りとなる」

  ダルビッシュ有投手が右肘靭帯を損傷し、長期離脱危機となったことで、レンジャーズが来季の日本での開幕戦計画を白紙に戻す可能性が急浮上している。地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」が報じている。

  先発ローテーション1番手のエースの負傷は、グラウンド外での球団戦略にも大きな打撃を与えている。レンジャーズは2016年シーズンの開幕戦を日本で行うことを計画していたという。

 「ダルビッシュがトミー・ジョン手術に踏み切れば、レンジャーズが日本で2016年シーズン開幕戦を行うためのすべての交渉が打ち切りとなることがほぼ確実になる。球団側は極東で開幕戦を行うことでほぼ確定していたようだ。だが、ダルビッシュ不在では彼らの魅力を失うことになる」

  記事ではこう報じている。

  MLBは2016年の「日本開幕戦計画」を進めていたという。2012年にイチロー外野手が所属していたマリナーズがアスレチックスと対戦して以来となる日本でのオープニングゲームで、参加球団はレンジャーズが最有力候補に挙がっていた。

ダルビッシュの決断が球団の経営戦略も大きく左右する?

  だが、ダルビッシュが靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を選択した場合、復帰までに1年~1年半という長期離脱を余儀なくされる。レンジャーズの顔であり、日本生まれのダルビッシュがマウンドに立つことができなければ、大きな痛手だ。米国本土から遠く離れた極東の地で開幕戦を行い、球団の名前を広く知らしめるための旗頭を失うことにもなる。

  マーリンズがイチロー外野手獲得のために球団幹部が総出で来日し、日本でメディカルチェックと大々的な入団会見を行うなど、メジャー各球団にとっても日本の市場価値は高い。日本開幕戦はレンジャーズにとっても重要なイベントとなるはずだった。

  だが、開幕戦白紙によるメリットも存在するという。記事では「球団にとっては必ずしも悪いことではない。国外での開幕戦はチームのスプリングキャンプの日程に混乱を生む。開幕に向けてリズムを作ろうとしている時に選手の体に移動は大きく影響することはいうまでもない」と指摘している。

  ダルビッシュは手術に踏み切るのか。いずれにせよ、その決断はレンジャーズの経営戦略も大きく左右することになりそうだ。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R