忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

【J1第2節予想スタメン 浦和vs山形】開幕戦で今季初白星を挙げた浦和、本拠地で連勝なるか

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【J1第2節予想スタメン 浦和vs山形】開幕戦で今季初白星を挙げた浦和、本拠地で連勝なるか

 【J1第2節予想スタメン 浦和vs山形】開幕戦で今季初白星を挙げた浦和、本拠地で連勝なるか

 ■浦和レッズ 湘南戦で今季公式戦初白星をマーク、ホームで連勝を狙う
 
  浦和はシーズン開幕となった2月25日のACL水原三星戦を逆転負けで落とし、続くゼロックス・スーパーカップではG大阪に停滞感漂う内容で敗れると、さらにホーム初ゲームとなったACLブリスベン・ロアー戦でも敗戦。公式戦3連敗を喫した。
 
  リーグ終盤の失速でタイトルを逃した昨年の失望感に、今シーズンのスタートダッシュ失敗による落胆が相まって、チームには重苦しい雰囲気が漂っていたが、リーグ開幕戦となった7日の湘南とのアウェーマッチで今季初勝利を収めたことで、とりあえず悪い流れを一旦止めることはできた。また、水原三星戦からずっと週2試合という過密日程が続いていたが、湘南戦から今回の山形戦までは中6日であったため、落ち着いて準備することができたのも大きい。
 
  湘南戦では興梠慎三が首に痛みを抱えながらプレーし、ゴールを決めた際には鼻骨を折るなどして前半のみで交代。同選手の状態が心配されたが、12日には全体練習に合流。コンディションを含めて万全の状態とは言えないものの、とりあえず動ける状態にはある。一方で、右ひざ痛の李忠成、太ももの張りを訴えていたズラタンは12日の練習も別メニュー。永田充も全体練習には加わっていなかった。
 
  ペトロヴィッチ監督は守備陣などの一部選手を除いてターンオーバー制を敷き、選手たちのコンディションに配慮する戦いをしている。ただ、新加入選手も多いため、メンバーの頻繁な入れ替えはコンビネーションの練度を下げるという側面もある。また、山形戦では中2日で控える17日のACL北京国安戦も見据えながら先発メンバーを決めなければならないという難しさもある。(totoONE編集部)
 
 ■浦和予想スタメン
 3-4-2-1
 GK
 西川周作
 DF
 森脇良太
 那須大亮
 槙野智章
 MF
 梅崎司
 青木拓矢
 阿部勇樹
 宇賀神友弥
 武藤雄樹
 高木俊幸
 FW
 石原直樹
 
 
 ■モンテディオ山形 前節はダービーで敗戦、持ち前のプレスがうまく掛からず
 
  仙台との“みちのくダービー”となった開幕戦は、63分に相手が一人少なくなったにも関わらず、それ以降に失点して敗戦。内容的にも、持ち味である前からのプレスがしっかりと掛からず守備に追われ、J1の厳しさを身を持って感じる試合となった。
 
  気持ちを切り替えて臨む第2節の相手は浦和。埼玉スタジアムは、仙台のユアスタにも増してアウェー感満載になることは必至だ。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R