忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

シティ対WBAで人違い退場させた主審が誤審を認め謝罪

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

シティ対WBAで人違い退場させた主審が誤審を認め謝罪

 シティ対WBAで人違い退場させた主審が誤審を認め謝罪

 

  21日に行われたプレミアリーグ第30節のマンチェスター・シティ対ウェストブロムウィッチ(WBA)の一戦で、試合開始直後に選手を間違えて退場させたニール・スワーブリック主審が誤審を認め、謝罪の声明書を発表した。

  問題のシーンは前半2分、WBAのDFクレイグ・ドーソンがシティのFWウィルフリード・ボニをタックルで倒したが、スウォーブリック主審はそのプレーの直後に同選手に接触したDFガレス・マコーリーに誤ってレッドカードを提示していた。

  英メディア『フォー・フォー・ツー』によれば、イングランドプロ審判協会は「スウォーブリック主審は、ファウルを犯したのが別の選手だったことを認めており、この一件は人違いとして処理される。主審は自分の間違いを謝罪した」と声明を発表している。

  プレミアリーグでは今季、2月28日の行われたマンチェスター・ユナイテッド対サンダーランドの試合でも、ロジャー・イースト主審がサンダーランドのDFウェズ・ブラウンとDFジョン・オシェイを間違えてレッドカードを提示し、今回の一件と同様の事件が起きていた。尚、イングランドサッカー協会(FA)はその誤審を認め、当該選手の出場停止処分を取り消している。

  試合は開始直後に数的優位を手にしたシティが終始圧倒し、ボニ、MFフェルナンド、MFダビド・シルバのゴールで3-0と快勝している。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R