忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ジョコビッチがナダルを倒してベルディヒと決勝で対決 [モンテカルロ・ロレックス・マスターズ]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ジョコビッチがナダルを倒してベルディヒと決勝で対決 [モンテカルロ・ロレックス・マスターズ]

 ジョコビッチがナダルを倒してベルディヒと決勝で対決 [モンテカルロ・ロレックス・マスターズ]

 4月12日からモナコ・モンテカルロで開幕の「モンテカルロ・ロレックス・マスターズ」(ATP1000/クレーコート)。
  土曜日に行なわれた準決勝。世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、ラファエル・ナダル(スペイン)を6-3 6-3で倒し、決勝進出を果たした。
  ジョコビッチはこれで16試合連続での勝利。決勝では第6シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)と対戦することになる。
  モナコのアルベール大公が見守る中で行われた試合では、ナダルはかつての強さをかいま見せ、両者とも激しいプレーの応酬となり、攻撃と素晴らしい守備のテニスが繰り広げられた。
  だが、ナダルはまだ右手首と虫垂炎によるツアー離脱の影響で苦しんでいる。この日のナダルには、ジョコビッチのマスターズ4連勝を止めるために十分な安定性を示せなかった。
  ジョコビッチは昨年のパリのマスターズで優勝。さらに今季はインディアンウェルズとマイアミでも優勝している。ジョコビッチが今大会にも優勝すると、シーズン最初のマスターズ大会を3連勝した初めての選手となる。
  ナダルは第1セットの第7ゲームであったチャンスを逃したことを悔やむだろう。このときのナダルは強烈なフォアハンドでジョコビッチのバランスを崩し、ジョコビッチを悔しがらせたが、ナダルはその流れをつかむみことができなかった。
  第2セットも接戦だった。ナダルはハードに戦い抜き、試合に踏み止まっていた。最初のサービスゲームでは2本あったブレークのピンチをしのいでいる。しかし、ジョコビッチが第7ゲームで攻勢に出てこれを取ると、第9ゲームでさらにブレークを追加。ナダルとの43度目の対戦でジョコビッチが20度目の勝利を挙げた。
  両者の対戦は、昨年の全仏オープンの決勝以来だった。
  ベルディヒは、ガエル・モンフィス(フランス)を6-1 6-4で下しての決勝進出だ。ベルディヒにとって今大会での初の決勝進出でもある。
  ベルディヒは試合の序盤の段階で、ベースラインから試合をコントロールした。モンフィスはベルディヒの早いペースと強打に苦戦を強いられた。第1セットでモンフィスが取ったポイントはわずか11ポイント。第2セットでのモンフィスは作戦を変更し、よりスライスを増やして相手のリズムを崩しにかかった。モンフィスはこれで流れを取り戻し、ベルディヒの2本のフォアハンドのエラーを誘うなどしてブレークバックに成功。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R