忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

デ杯が最終セットのタイブレーク制導入を検討開始

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

デ杯が最終セットのタイブレーク制導入を検討開始

 デ杯が最終セットのタイブレーク制導入を検討開始

 デ杯の主催者側が、最終セットにタイブレーク制を導入するかどうかについて検討に入った。
  国際テニス連盟(ITF)は、デ杯委員会とルールの変更について話し合いを持つ予定だと話している。結論を出すまでの期限は設けないという。
  今月開催されたアルゼンチン対ブラジルの対戦で、アルゼンチンのレオナルド・メイヤーとブラジルのジョアン・ソウザの間で戦われた試合が、デ杯のシングルスとしては最長試合となった。6時間42分を要したこの試合の影響で、開催日程が一日延びた経緯がある。
  この試合では最終セットだけで2時間30分間戦われ、7-6(4) 7-6(5) 5-7 5-7 15-13でメイヤーが勝利していた。
  デ杯が最終セットを除くタイブレーク制を導入したのは1989年のことだった。(C)AP
 ※写真はスコットランドで行なわれたイギリス対アメリカの様子
 Photo:GLASGOW, SCOTLAND – MARCH 08: Crowds cheer during Day 3 of the Davis Cup Match between GB and USA at Emirates Arena on March 8, 2015 in Glasgow, Scotland. (Photo by Jan Kruger/Getty Images)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R