忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ドルトムントのエース、ダービー初得点で真の“レジェンド”へ:マルコ・ロイス

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ドルトムントのエース、ダービー初得点で真の“レジェンド”へ:マルコ・ロイス

ドルトムントのエース、ダービー初得点で真の“レジェンド”へ:マルコ・ロイス “レヴィア・ダービー”の注目はロイス

  ドイツ・ブンデスリーガ第23節が現地時間27日から3月1日にかけて開催される。今節の注目はやはりボルシア・ドルトムント対シャルケの“レヴィア・ダービー”だろう。サポーターにとってもダービーは別格であり、8万人収容スタジアムで会員のみ販売のチケットもチャンピオンズリーグ(CL)ユベントス戦より早く売り切れ状態となっている。

  その中でも活躍が期待される選手の一人はドルトムントのFWマルコ・ロイス。

  ロイスは1995年から同クラブのユースに在籍していたが、2005年に5部相当のロート・ヴァイス・アーレンに移籍。そこでプロデビューを果たし、2009年にはボルシア・メンヒェングラードバッハへ。ボルシアMGでの活躍が認められ、再獲得と言う形で2012年に故郷に戻った。

  ドルトムントに移籍した初年度はリーグ戦32試合に出場し14得点、翌シーズンも30試合で16得点の活躍を見せている。しかし、今季はW杯前に左足首のじん帯を部分断裂の重傷を負いメンバーから外れ、度重なる負傷に悩まされた。類まれな瞬発力とスピードを武器に、ボールを奪うとすぐさま相手ゴールまで迫るプレースタイルが真骨頂だ。しかし、怪我の多さはその速すぎるプレーゆえ、相手DFのタックルが意図せずとも遅れてしまうからとも言われている。

ダービーのゴールで真の“レジェンド”へ

  今季こそ怪我の多いロイスだが、その実力に疑いは無い。現地では2500万ユーロ(約35億円)の違約金で2015年の夏以降に移籍可能とも報道され、バイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリーなどビッグクラブを含む数多くのクラブから興味を示されていた。冬の移籍市場では、ドルトムントは来季のCL出場どころか残留さえ危うい状況で、タイトル争いを望むロイスの移籍は濃厚と思われていた。

  しかし、10日に他クラブとの交渉は行わず2019年6月30日までの契約延長を発表。その背景には昨年、ロイスの数年にわたる偽造免許証での無免許運転が発覚した際に、クラブを中心に地元メディア、サポーターが守ったためだという。許される行為ではない上に、処分が軽いという多くの批判にさらされながらも「十分に反省している。社会的処罰はもう受けた」と、ユルゲン・クロップ監督を含むクラブは制裁を与えずロイスを擁護した。

  ロイスは「ドルトムントでプレーしたい。このクラブを助けたい」と、今度は自分が降格危機にある地元クラブを救うために残留を決断。…言葉だけではなくプレーでも決意を示すかのように発表前のフライブルク戦からリーグ3試合連続得点で3連勝に貢献した。契約延長発表直後のマインツ戦ではドルトムント通算50点目となるメモリアルゴールを決め、サポーターも全員がスタンディングオベーションで迎え「Danke Marco(ありがとう。マルコ)」と、歓迎している。

  ミヒャエル・ツォルクSDも「(フィリップ・)ラームや(バスティアン・)シュバインシュタイガーのようになってほしい」と、バイエルン・ミュンヘンの生え抜き選手を例に挙げ、“レジェンド”になることを期待している。

  すでに“レジェンド”として認められつつあるロイスだが、ドルトムントに在籍してからのダービーの成績は1勝2敗1分け。さらにロイス自身は得点を獲っていない。ダービーでの初ゴールでチームの復活をアピールするとともに、真の“レジェンド”だと証明する。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R