忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ファン・ハール、ルーニーの中盤起用は苦肉の策「MFに問題がある」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ファン・ハール、ルーニーの中盤起用は苦肉の策「MFに問題がある」

ファン・ハール、ルーニーの中盤起用は苦肉の策「MFに問題がある」 

  マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は引き続きウェイン・ルーニーをMFとして起用していく考えを持っている。14日にイギリス『ガーディアン』が指揮官のコメントを報じた。

  ルーニーのMF起用についてはイングランド代表監督のロイ・ホジソンが否定的な意見を出していた。

  これに関してはファン・ハールも「ストライカーのほうがより良いプレーをするだろうという意見には同意」としているが、それでも「もし彼をFWで起用すればMFに問題が発生する」と、やむなくの起用法であることを明かしている。

  指揮官は前節バーンリー戦の前には、ルーニーのFW起用の可能性について「状況次第」と発言していた。そして、現在のFW陣に関しては「異なったタイプのストライカーを求めている。ご存知のように我々には5人のFWがいる」と話している。

  これに含まれるのはウェイン・ルーニー、ロビン・ファン・ペルシ、ラダメル・ファルカオ、ジェームズ・ウィルソン。そしてここ最近はターゲットマンとして最前線で起用されることの多いベルギー代表マルアン・フェライニのことを指しているようだ。

  9試合ノーゴールの続くキャプテンのルーニーだが、ここまではリーグ戦で8得点を決め、ファン・ペルシ(10)に次ぐチーム2位の得点数を記録している。

  クラブの歴代得点ランキングでは224得点で3位につけている。2位デニス・ロー氏の持つ237得点まであと13、1位のボビー・チャールトン氏の249得点までは25と迫っている。このままMF起用が続けば、記録達成にはまだ数シーズンは掛かりそうだ。

  パルマを退団した元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが13日、イタリアのテレビ局『メディアセット』のインタビューに応じ、引退をほのめかすコメントをした。

  パルマの経営不振、年俸未払い問題で、カッサーノとクラブの信頼関係は破綻し、故郷のセリエBバーリやアメリカMLSのクラブへの移籍がささやかれていた。

  南イタリアのバーリは現在32歳のカッサーノの出身地でもあり、1998年にプロ選手としてキャリアをスタートさせたクラブだ。1999-2000年には17歳でセリエAデビューを果たした出発点でもある。

  カッサーノは「バーリは私の街だ。そしてバーリのチームは私の心のクラブだ。バーリには全てがあり、愛情がある。けれども実際、チームでプレーするとなると厳しいものがある。私と家族にとって大切なのは落ち着いた環境で、その意味でプレーしていなくてもパルマの街にいる。プレーを続けるか引退か、様子を見たい。もし現役を続けるとしても、バーリという選択はとても難しい」と話した。

  パルマは昨年実施されたアンケート調査「イタリアの住みやすい街ランキング」で約100都市の中の14位だった。一方、バーリは74位と下位だったこともあり、故郷への復帰をためらっているようだ。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R