忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ヤンコビッチとリシツキがベスト4に進出 [BNPパリバ・オープン]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ヤンコビッチとリシツキがベスト4に進出 [BNPパリバ・オープン]

 ヤンコビッチとリシツキがベスト4に進出 [BNPパリバ・オープン]

 3月11日からアメリカ・インディアンウェルズで開催されている「BNPパリバ・オープン」(WTAプレミアマンダトリー/ハードコート)。
  木曜日に行なわれた準々決勝で、エレナ・ヤンコビッチ(セルビア)が、予選から勝ち上がって来ていたレシヤ・ツレンコ(ウクライナ)の途中棄権で勝利し、ベスト4に進出した。ツレンコは第2セットの途中で足を傷めての棄権だった。
  ヤンコビッチは2010年大会の優勝者で、この日の試合では6-1 4-1とした時点での勝利。コートに立っていたのはわずか46分間だった。
 「第2セットで彼女が足を引きずり始めているのがわかった。何か問題を抱えているんだろうなと思っていたわ」とヤンコビッチは言う。「あの時は私も少し集中力を失いかけていた。だから、私は彼女は何をしているんだろうと思ったわ」と、突然の試合終了に驚いたと話している。
  ヤンコビッチと準決勝で対戦するのは、第24シードのサビーネ・リシツキ(ドイツ)。リシツキはディフェンディングチャンピオンのフラビア・ペンネッタ(イタリア)を6-4 6-7(3) 7-6(4)で破ってのベスト4進出だ。
  ヤンコビッチはここまで勝ち残れるとは思っていなかったのだという。彼女は準決勝の日程を何度も確認しなければならなかったと話している。「ショッピングにも行きたかったから、日程をちゃんと確認しないといけなかったのよ」と彼女は笑い話にしている。
  第2セット第10ゲームでのペンネッタはマッチポイントをしのいでの第3セット突入で、逆に第3セットの第10ゲームではリシツキが2本のマッチポイントをしのいでの勝利だった。リシツキは今季初のベスト4進出で、勝利の瞬間はコートに前から崩れ落ちていた。
 「私がどれほどいいプレーができるのか、みんななに本当に見せたかった」とリシツキ。「だから今はすごい気分なのよ」。
  ツレンコの足首の故障は、2日前にユージェニー・ブシャール(カナダ)を破った試合で傷めたものだという。この準々決勝では第1セットを落とした後にトレーナーを呼び、右足首にテーピングを施してプレーしていた。
  第1シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と第3シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)の準決勝は土曜日に行なわれる。セレナは2001年に10代で優勝して以来14年間、この大会を個人的にボイコットしていたため久々の出場だ。(C)AP
 Photo:INDIAN WELLS, CA – MARCH 19: Jelena Jankovic of Serbia in action against Lesia Tsurenko of Ukraine during day eleven of the BNP Paribas Open tennis at the Indian Wells Tennis Garden on March 19, 2015 in Indian Wells, California. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R