忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ロナウドを襲う焦燥感。一抹の不安を抱えるレアル、クラシコに棲む魔物を呼び起こせるか

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ロナウドを襲う焦燥感。一抹の不安を抱えるレアル、クラシコに棲む魔物を呼び起こせるか

 ロナウドを襲う焦燥感。一抹の不安を抱えるレアル、クラシコに棲む魔物を呼び起こせるか

 下降線のロナウド

  リーガエスパニョーラは22日、バルセロナ対レアル・マドリーによる伝統の一戦、“エル・クラシコ”を迎える。マドリーにとっては、前々節永遠のライバルに奪われた首位の座を奪い返す絶好のチャンスだ。しかし、マドリーにとっては大きな不安材料を抱えている。

 ——————————

  クリスティアーノ・ロナウドは、レアル・マドリーでの最後の時間を過ごしている。クラシコを週末に控え、スペイン国内では、まことしやかにロナウドがクラブから移籍するのでは、との話題が日々取り上げられている。

  昨年末も3度目のバロンドールを受賞し、「決して3回もバロンドールを手に出来るとは思っていなかった。(4つのバロンドール保持者である)メッシにたどり着きたい」と舞台上でその負けず嫌いな性格を世界に向かって発信したロナウド。その当時のロナウドの勢いには、メッシすら止められまいという勢いがあった。

  ところが、まるでそれがバロンドール受賞を機に燃え尽きてしまったかのように、今年になってから、一気に今までのゴール力が低下。昨年まで1試合平均1.19ゴールを決めて飛ぶ鳥を落とす勢いだったのが、今年に入ってからは14試合で9ゴールとその平均値は0,64にまで落ちてしまった。

  リーグ戦17節の時点で、得点王ランキングでは2位のメッシに11ゴールの差をつけて単独首位で走っていたのが、27節を終えた今、永遠のライバルのレオ・メッシに抜かれてしまい、2ゴール差で得点王ランキングも首位から陥落してしまった。

  一方のメッシは、今年に入ってからプレーしている17試合で20ゴールをマークし、絶好調で、現在ヨーロッパ全リーグのトップスコアを誇っている。もちろん、ロナウドもそのすぐ後に続くわけで、今季全体を通してみた時に、ロナウドの数字は驚異的なものではあるの。だが、クラシコを前にして好調とはいえないその数字と、バルサに首位を奪われたことなどが重なり、マドリーファンは不安を感じている。

ロナウドが感じる焦燥感

  というのも、ロナウドに焦燥感が感じられる症状が見受けられるからだ。先週末のホームでのレバンテ戦では、9回シュートを放ったが、どれもゴールにはならなかった。自らがオーバーヘッドシュートを失敗した時、自身に対して怒り、文句を言うのはまだしも、ベイルがチームのために2得点を決めたときに、露骨に嫌な顔をしたその正直さについては、いまだに話題になっている。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R