忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

元独代表GK、ヴァイデンフェラーに移籍を勧める。「GKとして最高の年齢」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

元独代表GK、ヴァイデンフェラーに移籍を勧める。「GKとして最高の年齢」

 元独代表GK、ヴァイデンフェラーに移籍を勧める。「GKとして最高の年齢」

 

  元ドイツ代表でアーセナルやボルシア・ドルトムントで活躍したイェンス・レーマン氏が古巣ドルトムントのGKロマン・ヴァイデンフェラーに移籍を勧めている。現地時間25日のドイツ放送局『スポーツ・アインス』で語っている。

  レーマン氏は「ゴールキーパーとして最高の年齢」と、34歳のヴァイデンフェラーは今がGKとして一番の時期と話し、「もう一度移籍をするべきだ」と助言している。

  自身も33歳でドルトムントからアーセナルに移籍。移籍初年度にはアーセナルをリーグ優勝へと導いた。

  2016年までドルトムントとの契約を交わしているヴァイデンフェラー。今季はパファーマンスが上がらず、前半戦にはベンチに座る機会もあった。現在は再び正GKの座を取り戻し、ゴールマウスを守り続けている。

  しかし、第2GKにはオーストラリア代表のミシェル・ランゲラクが控えており、ヴァイデンフェラーの年齢的に来季はランゲラクが正GKになるのではないかと予想されている。そのため、ヴァイデンフェラーにはイタリアのフィオレンティーナが興味を示しているという報道もあり、移籍の可能性はゼロではない。

  2010年に一度引退したレーマン。けが人が続出したチーム事情があったとはいえ、2011年にアーセナルから復帰のオファーを受け、1年だけ現役に復帰。その偉大な先輩GKの助言通り、ヴァイデンフェラーは果たして移籍を決断するのか注目される。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R