忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

出場停止のロンドほか主力を欠いたマブス、ホークスに逆転負け

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

出場停止のロンドほか主力を欠いたマブス、ホークスに逆転負け

出場停止のロンドほか主力を欠いたマブス、ホークスに逆転負け

【2月26日 AFP】14-15NBAは25日、各地で試合が行われ、ダラス・マーベリックス(Dallas Mavericks)は87-104でアトランタ・ホークス(Atlanta Hawks)に敗れた。

ここまで3連勝だったマーベリックスは、主力のレイジョン・ロンド(Rajon Rondo)をはじめ、先発3人を欠いての戦いとなった。

チャンドラー・パーソンズ(Chandler Parsons)が足首の故障で3試合連続の欠場となり、タイソン・チャンドラー(Tyson Chandler)を腰の故障で欠くなか、ロンドは24日のトロント・ラプターズ(Toronto Raptors)戦でリック・カーライル(Rick Carlisle)ヘッドコーチ(HC)に暴言を吐き、チームから1試合の出場停止処分が科された。

マーベリックスは、18日に加入したばかりのアマレ・スタウドマイアー(Amare Stoudemire)も欠場したものの、第1クオーターは34-22のリードで終えた。

対するホークスは、リザーブのデニス・シュローダー(Dennis Schroder)がチーム最多の17得点を記録して勝利に貢献すると、カイル・コーバー(Kyle Korver)が4本の3ポイントシュートを含む16得点、ポール・ミルサップ(Paul Milsap)が15得点8リバウンド、アル・ホーフォード(Al Horford)が11得点8リバウンド6アシストを記録した。

イースタンカンファレンス首位のホークスは、第3クオーター開始から猛攻撃を仕掛けて主導権を奪うと、マーベリックス戦では2003-04シーズン以来となるレギュラーシーズン全勝を記録した。

カーライルHCは試合前、処分が明けたらロンドを喜んで迎える意向を示した。

「彼はチームにとって、とても重要だ」と述べたカーライルHCは、口論の原因は自分とロンドの「コミュニケーション不足」だと語った。

「ロンドは27日の練習でチームに復帰し、28日の試合で再び先発する。昨夜の出来事は、もう過ぎたことだ」

(c)AFP

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R