忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

同点弾決めた浦和FW興梠、敵地での勝利で「サポーターに救われた」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

同点弾決めた浦和FW興梠、敵地での勝利で「サポーターに救われた」

 同点弾決めた浦和FW興梠、敵地での勝利で「サポーターに救われた」

 2015明治安田生命J1リーグのファーストステージ第1節が7日に行われ、浦和レッズはアウェーで湘南ベルマーレと対戦し3-1で逆転勝利を収めた。同試合で同点ゴールを決めた浦和に所属するFW興梠慎三が、試合後にコメントを残している。
 
  興梠は、「立ち上がり先に失点したけど、慌てずに自分たちのサッカーができた思う」と試合を振り返ると、「内容だけじゃなく勝ちにこだわって試合ができた」とチームのパフォーマンスを称えた。
 
  2月28日の富士ゼロックススーパーカップ2015でガンバ大阪に敗れ、AFCチャンピオンズリーグ2015のグループステージでも2連敗し、公式戦3連敗中だった浦和。興梠は「ちょっと苦しい立場であったが、切り替えてみんな臨めたと思います」とコメントすると、「何よりサポーターの皆さんがね、駆けつけてくれて。すごい声援で。サポーターに救われたと思います」と、アウェー戦でもスタジアムを訪れてくれたサポーターたちに感謝を示した。
 
  また、「触っただけなので(笑)」と自身の同点ゴールを振り返り、「まああれで負傷して、後半出ることができなかったんですけど」と前半のみの出場を悔やんだ。そして、「自分だけじゃなく、チャンスというチャンスを後半の人たちが決めてくれたので。チーム全員で勝ち点3をとった試合だったなと」と勝利を喜んだ。
 
  浦和は次節、14日にモンテディオ山形をホームに迎えて対戦する。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R