忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

大会記録まであと「1」に迫った常総学院、圧巻の13盗塁の秘密は?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

大会記録まであと「1」に迫った常総学院、圧巻の13盗塁の秘密は?

 大会記録まであと「1」に迫った常総学院、圧巻の13盗塁の秘密は?

 米子北に圧勝した茨城の強豪、1、2番がそろって1試合タイ記録の5盗塁をマーク

  21日に熱戦の火蓋が切って落とされた第87回選抜高校野球大会。開幕日の話題をさらったのは、茨城の強豪・常総学院だった。

  米子北を相手に14?1と圧勝。そのスコア以上にファンの度肝を抜いたのが、大会記録にあと1つに迫る13盗塁を記録した機動力だろう。特に1番・宇草孔基、2番・竹内諒が、そろって個人1試合タイ記録の5盗塁をマーク。なぜ、そこまで思い切り良く走ることができたのか。

  常総学院は13日の抽選後、米子北の昨秋の試合映像を入手。相手チームの弱点を徹底的に洗い出した。その中で相手エース・高橋晟一朗の一つの癖を見抜いたという。

  右腕の高橋はセットポジションに入った後、まずは背後にいる一塁走者を視線で牽制する。しかし、牽制球を挟まずに投球する時はあごを一度引き、首を縦に振るような動作をするというのだ。

勝負はプレイボールのはるか前から決まっていた?

  そのクセをチーム内のミーティングで徹底的に叩き込んだ。甲子園のマウンドでも、相手投手が同様のしぐさを見せると、迷いなくスタート。初回先頭で1番・宇草が安打を放ち、二盗を決めたのを皮切りに次々と成功させた。

  以降、高橋は足を警戒しすぎたのか、7四死球を出して6回途中6失点で降板。作戦は鮮やかすぎるほどにハマった。

  甲子園常連校らしく隙のない野球で初戦を突破した常総学院。8回に1イニング最多タイ記録の3盗塁を決めた竹内は、試合をこのように振り返った。

 「相手は映像で見た通り。盗塁は投手の心を読んでやることが大事です」

  勝負は、プレーボールのはるか前から決していたのかもしれない。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R