忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

学生対決を制した仲村元希が初のATPポイント獲得 [F1亜細亜大学国際]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

学生対決を制した仲村元希が初のATPポイント獲得 [F1亜細亜大学国際]

 学生対決を制した仲村元希が初のATPポイント獲得 [F1亜細亜大学国際]

 東京都西多摩郡日の出町・亜細亜大学日の出キャンパステニスコートで開催されている「JAPAN F1 亜細亜大学国際オープンテニス2015」(本戦3月10~15日/賞金総額 1万ドル/ハードコート)の本戦2日目は、シングルス1回戦10試合とダブルス1回戦4試合が行われた。
  シングルスは第1シードの仁木拓人(三菱電機)がインカレ室内チャンピオンで予選を勝ち上がってきた今井慎太郎(早稲田大学)とのフルセットマッチを制して2回戦に進出。昨年の全日本選手権を制した第5シードの江原弘泰(日清紡ホールディングス)はルカ・パンカルディ(イタリア)に5-7 6-7(6)で敗れた。
  大学3年生同士の対戦となった大友優馬(法政大学)と仲村元希(亜細亜大学)の試合は、ワイルドカード(主催者推薦枠)のチャンスを生かした仲村がインカレとインカレ室内でベスト4の実績を持つ大友を6-4 6-2で破り、自身初のATPポイント獲得が決定。現役学生プレーヤーとして今年の「大学シリーズ」では第1号となる本戦での勝利を挙げた。
  ダブルスでは第2シードの吉備雄也/仁木拓人(ノア・インドアステージ/三菱電機)と第3シードのホー・チージェン/イ・チュハン(台湾)のシード勢が順調に初戦を突破。ダブルスはベスト8が出揃った。詳しい結果は以下の通り。(※名前の左に付いている数字はドロー番号)
  この大会は今年8大会開催される、国際大会への入り口となるフューチャズ大会の第1戦目で、4週連続で開催される「大学シリーズ(亜細亜大学、早稲田大学、山梨学院大学、筑波大学)」の開幕戦となる。
  3月12日(木)は10時00分から、シングルス2回戦8試合とダブルス準々決勝4試合が行われる予定。
 
 【シングルス1回戦】
 ○1仁木拓人(三菱電機)[1] 5-7 7-6(4) 6-4 ●2今井慎太郎(早稲田大学)[Q]
 ○3笹井正樹(フリー)[Q] 6-4 6-4 ●4谷本真人(慶應義塾大学)[Q]
 ○5ジャリード・チャップリン(オーストラリア)[Q] 6-4 6-4 ●6鈴木昂(笠利クラブ)
 ○8ピエトロ・リシャルディ(イタリア)[8] 6-3 6-3 ●7竹島駿朗(イカイ)[Q]
 ○9竹内研人(北日本物産)[3] 6-2 6-4 ●10松尾友貴(イカイ)[Q]
 ○13仲村元希(亜細亜大学)[WC] 6-4 6-2 ●14大友優馬(法政大学)[Q]
 ○15ルカ・パンカルディ(イタリア)7-5 7-6(6) ●16江原弘泰(日清紡ホールディングス)[5]
 ○18チョン・ユンソン(韓国)[JE] 7-5 6-4 ●17斉藤貴史(津幡町テニス協会)[6]
 ○28大西賢(ノア・インドアステージ)[Q] 6-3 6-3 ●27恒松拓未(亜細亜大学)[WC]
 ○29ホー・チージェン(台湾)6-4 6-4 ●30イ・チュハン(台湾)
 
 【ダブルス1回戦】
 ○10橋本大貴/仲村元希(亜細亜大学)[WC] 3-6 6-4 [10-7] ●9近藤大基/小野陽平(慶應義塾大学/明治大学)
 ○12ホー・チージェン/イ・チュハン(台湾)[3] 6-1 6-2 ●11小山慶大/鈴木昂(中央教育研究所/笠利クラブ)
 ○13今井慎太郎(早稲田大学)岡村一成(早稲田大学)6-4 6-0 ●14西岡靖雄/田中亮寛(亜細亜大学)[WC]
 ○16吉備雄也/仁木拓人(ノア・インドアステージ/三菱電機)[2] 6-2 6-2 ●15秋山和潤/恒松拓未(亜細亜大学)[WC]
 ※[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝ち上がり、JEはジュニア・イグザンプト(ITFジュニアランキング上位選手への特別制度)
 ※写真は学生対決となった初戦に勝利して初のATPポイント獲得を決めた亜細亜大学3年の仲村元希写真提供◎亜細亜大学テニス部
 (テニスマガジン/Tennis Magazine)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R