忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

広州恒大、青天井の欲望。八百長で2部降格からアジア王者へ。金満クラブが目指し続けるベスト

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

広州恒大、青天井の欲望。八百長で2部降格からアジア王者へ。金満クラブが目指し続けるベスト

 広州恒大、青天井の欲望。八百長で2部降格からアジア王者へ。金満クラブが目指し続けるベスト

 長きに渡る低迷、八百長、買収

  Jリーグ勢が苦戦を強いられているACLにおいて、一際異彩を放つクラブが中国にある。18日に鹿島アントラーズとの対戦が控える、広州恒大足球倶楽部だ。中国随一の金満クラブとして2013年にアジアの頂点を極め、今季はブラジル代表FWリカルド・グラールを獲得するなど、再びアジア王者へと歩み出している。彼らはなぜ、ここまでの力を手に入れることが出来たのだろうか。

  広州恒大が2009年に中国全土を震撼させた八百長事件によって中国超級リーグから降格したとき、誰がたった6年でアジアのスーパークラブになることを予想していただろうか。

  クラブの歴史は、低調な成績から始まり、成功の見込みがない中で歩んできた。50年代から80年代にかけて数回の2部リーグタイトルの獲得や、90年代に数回ほど2位で終えることが精一杯だった。

  トップリーグにしばらく所属した後、クラブは1998年に甲級リーグ(2部)に降格。だが、苦労して超級リーグ(1部)へ戻ったところで、八百長を行っていたことが判明した。

  調査によれば、広州恒大のヤン・スーGMが呼和浩特黒馬のGMに金銭を支払い、5-1で勝利を確定させたという。八百長事件の前年にやっとの思いで昇格したクラブは、最終的に2部へ降格させられた。

  そして、広州恒大地産集団のクラブ買収である。大手不動産企業は、クラブが最も衰退する2010年2月に所有権を持ち、直ちに資金の投入を約束した。

  ペン・ウェイグオ監督に代わる指揮官として北京国安足球倶楽部のイ・ジャンスー監督を招聘し、中国代表クラスのガオ・リン、サン・シン、ジェン・ジーらを獲得。アトレチコ・ミネイロのブラジル人のムリキとは中国国内最大級の移籍金でサインし、クラブの意思を表明した。

功労者を更迭し、マルチェロ・リッピを招聘

  広州恒大が甲級リーグの対戦相手を圧倒して中国超級リーグに昇格したことは驚きではなかった。広州恒大地産集団はチームに資金を注ぎ続け、アルゼンチン人のコンカと世界有数の高額年俸契約を交わしたことは世界的な話題となった。

  中国サッカー界には新しい選手が流入し、国内試合のレベルは高まった。彼らを追うように外国人選手が集まり、地元選手のプレーも向上した。

  広州恒大は2011年に4試合を残して中国超級リーグの初タイトルを戴冠すると、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を獲得。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R