忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

無慈悲を超えた狂気――。バイエルンを駆り立てるカウンターへの恐怖、そして決勝の地ベルリンへの渇望

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

無慈悲を超えた狂気――。バイエルンを駆り立てるカウンターへの恐怖、そして決勝の地ベルリンへの渇望

 無慈悲を超えた狂気――。バイエルンを駆り立てるカウンターへの恐怖、そして決勝の地ベルリンへの渇望

 試合を決定付けた2分間

  チャンピオンズリーグのベスト16、バイエルンはシャフタールを2戦合計7-0で下した。アウェイでの1stレグは0-0。しかし、ホームで迎えた2ndレグでは7点を叩き込み圧勝。その姿は狂気すら感じさせるものだった。

 ——————————

  グアルディオラは「試合を完全に支配していた」と振り返った。

  2015年3月11日、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16、2ndレグ、バイエルン・ミュンヘンはホームにシャフタール・ドネツクを迎える。なお、1stレグはスコアレスのドローで終えている。

  バイエルンの対シャフタール戦の先発メンバーは次のとおり。布陣は4-1-4-1である。

 【GK】ノイアー、【DF】右SBラフィーニャ、右CBボアテング、左CBバドシュトゥバー、左SBアラバ、【MF】ボランチにシュバインシュタイガー、2列目は右からロッベン、ミュラー、ゲッツェ、リベリー【FW】レヴァンドフスキ。

  開始後でわずか2分の出来事が、この試合をほとんど決定付けた。右サイドをロッベン、リベリー、ゲッツェと繋いだところを、エリア内でDFクチェルが倒したとされ、バイエルンにPKのチャンスが与えられる。クチェルはレッドカードを受けて退場となった。

  シャフタールの指揮官ルチェスクは「レッドカードほどのファールではなかったと私は思う。あの瞬間からもう、やろうとしていたことが出来なくなった」と振り返っている。ミュラーはきっちり決めて、バイエルンが先制に成功する。

  ルチェスクの言う「やろうとしていたこと」が、1stレグ同様のしっかりとした守備ブロックからのカウンターだったであろうことは、想像に難くない。1stレグもCBとして先発したクチュルを欠いては、ルチェスクはプランの変更はおろか、断念せざるを得なかったようである。

大量7得点の圧勝、10人を相手に容赦なし

  それでも、10人となったシャフタールはバイエルンを相手に果敢に抵抗した。バイエルンが追加点を奪えたのは、先制してから30分が経過した後のことである。ボアテングが2点目を入れるまでの間、劣勢の中でもシャフタールはカウンターを繰り出した。 

  14分、ゲッツェの左のCKからの混戦を抜け出して、ルイス・アドリアーノが中央のテイシェイラへとパスを送る。テイシェイラは、右に開いたタイソンとのワンツーで、バイエルンDFの裏へと抜け出す。ここはボアテングがきっちり潰した。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R