忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

自在の攻めで雑音封じ=白鵬「言葉」なき優勝-大相撲春場所千秋楽

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

自在の攻めで雑音封じ=白鵬「言葉」なき優勝-大相撲春場所千秋楽

 自在の攻めで雑音封じ=白鵬「言葉」なき優勝-大相撲春場所千秋楽

  白鵬(手前)は日馬富士を寄り切りで下し、優勝を決める=22日、大阪・ボディメーカーコロシアム

   激しく突き合った次の瞬間、日馬富士が懐に飛び込んできた。左上手を許した上に頭もつけられてしまい、白鵬は懸命に右半身でこらえた。下手投げで応戦し、蹴返しも繰り出す。徐々に体勢を整え、最後は右の差し手を返して寄り切った。
  結びの一番でようやく決めた優勝。この日も支度部屋では報道陣の取材に応じず、表彰式の土俵下のインタビューにだけ口を開いた。「内容が満足できる相撲が多かったので、それを信じてやれた」。少し晴れやかな表情だった。
  序盤はばたついた相撲が、3日目以降は安定してきた。得意の右四つ、まわしにこだわらず、流れに応じて喉輪で攻めるなど抜群の勝負勘が光った。「一つ、二つ上をいったような相撲内容だった」と自賛した。
 

6場所連続34度目の優勝を決め、インタビューで笑顔を見せる白鵬=22日、大阪・ボディメーカーコロシアム

   初場所後に審判の判定を批判。大横綱にふさわしくない言動で物議を醸した。周囲の雑音を「優勝」で封じたいという意地が、集中力を支えたようにも見えた。
  土俵下での質問に、「いろいろ騒がせましたけど…まぁ…頑張ります」と言葉に詰まる場面もあった。騒動の影響を引きずった春場所で、自身の心中を表現できる言葉までは見つからなかった。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R