忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

親善試合で異例のバックアップ選手…43人の名を挙げ、競争心あおるハリル監督

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

親善試合で異例のバックアップ選手…43人の名を挙げ、競争心あおるハリル監督

親善試合で異例のバックアップ選手…43人の名を挙げ、競争心あおるハリル監督

すべての日本人選手へメッセージを送った。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は19日、初陣となる27日のチュニジア戦(大分)、31日のウズベキスタン戦(東京)に臨む日本代表メンバー31人を発表するのと同時にバックアップメンバー12人も口頭で発表。W杯などの公式大会ではない国際親善試合でバックアップメンバーを選出するのは極めて異例の措置と言える。

 FW柿谷曜一朗(バーゼル)やFW豊田陽平(鳥栖)、DF塩谷司(広島)といった代表経験のある選手もいれば、代表歴のないMF谷口彰悟(川崎F)、MF大森晃太郎(G大阪)、DF車屋紳太郎(川崎F)らフレッシュなメンバーも名を連ねたバックアップメンバー。現時点ではこの12人が23日から始まる代表合宿に参加するわけではない。あくまで31人の代表メンバーに今後、新たなケガ人が出るなどして、追加招集が必要になった場合に招集される可能性があるということを意味しているリストに過ぎない。

 霜田正浩技術委員長はこの12人に関して、「本人には(バックアップメンバー選出が)伝わっている。このキャンプ期間中に何かあれば呼ぶということ」と説明。当然、いつ呼ばれてもいいようにしっかり準備しておいてほしいとの意味も込められている。

 ハリルホジッチ監督は「グループは大きいというメッセージだ」と、バックアップメンバーを選考した意図を説明。合計43人もの選手名を口にすることで、「国内組でも海外組でも、いろんな選手に可能性がある」と、すべての日本人選手に代表の門戸は開いていることを分かりやすく示す意味があった。

 同時に31人の代表メンバーに対しても競争心を植え付ける狙いがある。「競争が始まるということを心得てほしい。良いプレーをしていれば、私は選ぶ。スター選手に取って代わる選手が出てくることに期待しているし、そういう選手がスター選手と代わっても何の問題もない」。代表の座が約束された選手はいない。あえて常連組に危機感を与えるような口ぶりでチーム内の競争を促した。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R