忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

開始35秒弾も逆転負け。FC東京のFW武藤「相手のブロックを崩す工夫をしないと」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

開始35秒弾も逆転負け。FC東京のFW武藤「相手のブロックを崩す工夫をしないと」

 開始35秒弾も逆転負け。FC東京のFW武藤「相手のブロックを崩す工夫をしないと」

 

  明治安田生命J1リーグ1stステージ第6節が18日に行われ、FC東京はサンフレッチェ広島に1-2で敗れた。

  試合開始35秒で先制点を奪ったFW武藤嘉紀。「ラッキーゴール」と振り返ったが、ホーム味スタでのゴールを誓っていた日本代表ストライカーがサポーターを歓喜させた。それでも、最終的には逆転負け。チームの連勝も3で止まった。

  武藤自身も後半はほとんど仕事をさせてもらえなかった。相手からの警戒も感じている。

 「バックラインがしっかり残っていて、カウンターも仕掛けられなかった。(裏のスペースは)だいぶケアされてました」

  自らの得点でチームに勝利をもたらすことにこだわる武藤だが、この日はそれができなかった。また、これまで堅守を誇っていた守備でも2失点を喫した。「どこかで課題があると思うので、それを直していきたい」と武藤は前を向いた。

  手数をかけない素早い攻撃でゴールを陥れてきたFC東京だが、広島の守備陣もしっかり対応してきた。今後も相手の研究により、速攻を仕掛けられない場面が増えると思われる。

  武藤は「相手のブロックを崩す工夫をもっとしないといけない」と話し、「攻撃にかける人数をもう少し増やしたかった」と、課題を口にした。

  首位からは陥落したが、悲観はしていない。「まだ1試合負けただけなので。しっかり切り替えてやっていきたい」

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R