忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

<大相撲春場所>白鵬勝利にやじ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

<大相撲春場所>白鵬勝利にやじ

<大相撲春場所>白鵬勝利にやじ

大相撲春場所14日目は21日、立ち合いで右に動き、おっつけ一発で稀勢の里をゴロリと転がした。白鵬の横綱相撲とはかけ離れた勝利に、どよめく館内。控えめな拍手に、「アホか!」などのやじが交じった。

【天覧相撲で「後の先」を試した白鵬】

 白鵬は土俵上で一度だけ小首をかしげ、支度部屋では相変わらず無言。元横綱・北の湖理事長は「とっさの判断だと思う。負けられない意識があったのだろう」と心中を推し量った。右へ動くと力を出せる左上手が遠ざかり、稀勢の里十分の左四つに持ち込まれる危険も高まるが、相手が前を見ずに突っ込んでくるのを見切った上での変化という見立てだ。連敗を避けるため、勝利への貪欲さを前面に出したとも言える。

 とはいえ、優勝を争う照ノ富士が逸ノ城と繰り広げた水入りの熱戦とは、あまりにも対照的な相撲。また、白鵬にとって稀勢の里は好敵手の一人で、初場所では取り直しの末に歴代最多33回目の優勝を決め、後に自身の審判部批判につながった因縁もある相手だ。敗れた大関は「情けない」と自分を責めたが、真っ向勝負を期待したファンは興ざめだ。

 何より、白鵬が目指す戦い方は「後の先(ごのせん)」のはず。相手の攻めを受けて立ちながら先手を取る奥義のことで、「その完成が現役最後の目標」と常々口にしていたが、その目標に反する取り口だ。優勝に王手をかけて臨む千秋楽では、どのような横綱像を示すのだろうか。【大村健一】

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R