忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

<大相撲>鶴竜は腱板損傷で全治1カ月「手術はしない」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

<大相撲>鶴竜は腱板損傷で全治1カ月「手術はしない」

 <大相撲>鶴竜は腱板損傷で全治1カ月「手術はしない」

 東横綱の鶴竜(29)=井筒部屋=が初日の8日、左肩のけがで休場届を出した。腱板(けんばん)損傷で全治1カ月と診断され、全休する。鶴竜の休場は2008年九州場所以来2回目で、昨年春場所後に横綱に昇進して以降では初めて。
 
  初日の対戦相手だった逸ノ城は不戦勝。6日の取組編成会議で決まっていた2日目の取組も割り返され、鶴竜と対戦予定だった小結・妙義龍は大関・稀勢の里と当たる。
 
  師匠の井筒親方(元関脇・逆鉾)は「(2月の)大相撲トーナメントのころから痛がっていた。腱板は切れていないので、手術はしない」と説明。北の湖理事長(元横綱)は「しっかり治して、次の場所に備えてほしい。横綱になって優勝がない。そこに(目標を)絞り、頑張ってほしい」と語った。【堤浩一郎】

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R