忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

<選抜高校野球>圧勝も、まだ打線に注文 大阪桐蔭監督

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

<選抜高校野球>圧勝も、まだ打線に注文 大阪桐蔭監督

 <選抜高校野球>圧勝も、まだ打線に注文 大阪桐蔭監督

 ○大阪桐蔭(大阪)8−0東海大菅生(東京)●(21日)
 
  試合の流れを引き寄せる打球が、左翼手の頭上を越えた。2点リードの三回無死二塁。フルカウントから、高めに浮いたスライダーをとらえて適時三塁打を放った大阪桐蔭の藤井。「真っすぐが来るかなと思ったが、うまく対応できた」とうれしそうだ。
 
  さらに1死三塁から原田が中越え三塁打、吉沢が左翼線二塁打で続く。打ち急がず、ボール先行の有利なカウントから直球を狙い「ストライクを取りにくる真っすぐが甘かった」と口をそろえた。
 
  四回にも二塁打2本などで加点し、東海大菅生の好投手・勝俣を早々と降ろした。「低めのスライダーを振ってもらえなかった」と勝俣。落差の大きいスライダーを武器とする相手エースを徹底して研究し、持ち前の破壊力を見せつけた。
 
  昨夏優勝メンバーの藤井は「打席の中で変に落ち着いていた。甲子園を経験している自分たちが引っ張っていけたら」と言う。一方で自身初の大舞台に臨む2年生の永広が長打2本を放つなど、新戦力の成長も著しい。
 
  昨秋の東京大会覇者を圧倒してなお、西谷監督は「四死球に乗じて得点したが、打ち勝ったわけではない。もう少し的を絞っていかないと」と打線に注文をつけた。史上5校目の「夏春連覇」への挑戦は、まだ始まったばかりと言いたげだ。【野村和史】

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R