忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

<選抜高校野球>敦賀気比・篠原主将が感謝の宣誓

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

<選抜高校野球>敦賀気比・篠原主将が感謝の宣誓

 <選抜高校野球>敦賀気比・篠原主将が感謝の宣誓

 21日の第87回センバツの開会式で選手宣誓した敦賀気比(福井)の篠原涼主将(3年)は中学時代の3年間、夢を応援してくれる母の清美さん(46)=静岡県富士宮市=らとともに春の甲子園に通い続けた。「多くの皆さんに支えられ、大好きな野球ができることに感謝します」。母一人で育ててきた息子の宣誓に清美さんは、「私に言ってくれたのかな」と喜んだ。
 
  家族は大学生の長男翔さん(19)と次男の篠原選手との3人。小学1年で野球を始めた篠原選手に清美さんは「不自由な思いはさせまい」と、会社に勤めながら平日の夜や土日の練習の送り迎えをしてきた。「絶対、甲子園に出る」。熱く語る息子を見るのが楽しみだった。
 
  篠原選手が中学2年になる年の春、家族3人でのセンバツ観戦をプレゼントした。仕事を終えて夜行バスに乗り、翌朝から丸一日観戦だ。睡魔に襲われていると、篠原選手に「お母さん、寝たらもったいないよ」と起こされた。じっと黙ってプレーを見つめていた息子の姿が目に浮かぶ。「センバツ旅行」は3回続いた。
 
  「俺、敦賀気比に行きたい」。進路を決める時にそう決意を打ち明けられ、「寂しいけれど、好きなところでやらせてあげたい」と送り出した。部費や寮費は懸命に働いて工面している。その息子が4強入りした昨夏の甲子園で活躍し、新チームの主将に選ばれるまでに成長した。
 
  迎えたこの日。顧問やチームメートと考えたという短歌を交え、大観衆の前で大役を果たした息子は「仕事が忙しいのに頑張ってくれたお母さんや、支えてくれたいろんな人たちへの感謝を込めた」と語り、スタンドから拍手を送った母は「一生の思い出です。これからも人に感謝する気持ちを持ち続けてほしい」と言葉を贈った。【竹内望】
 
  ◇宣誓全文
 
  高校野球の全国大会が始まって100年。戦争による中断や震災など、いくつもの困難を乗り越えて今、多くの皆さんに支えられ、大好きな野球ができることに感謝します。
 
  「グランドに チームメイトの 笑顔あり 夢を追いかけ 命輝く」
 
  生まれ育ったふるさとで、移り住んだところで、それぞれの思いを抱(いだ)きながら見てくださっている全国の皆さんに、生きていることを実感してもらえるよう、この甲子園で自分らしく精いっぱいプレーすることを誓います。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R