忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

UEFA事務局長もビデオ判定導入に否定的「口で言うのは簡単なこと」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

UEFA事務局長もビデオ判定導入に否定的「口で言うのは簡単なこと」

 UEFA事務局長もビデオ判定導入に否定的「口で言うのは簡単なこと」

 

  欧州サッカー連盟(UEFA)のジャンニ・インファンティーノ事務局長は、ビデオ判定などのサッカー界へのさらなるテクノロジー導入に否定的だ。23日付の英メディア『スカイ』が報じている。

  このところイングランド・プレミアリーグでは審判による”人違い”の問題が相次いでいる。

  先週土曜日のマンチェスター・シティ対ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)戦では、WBAのDFクレイグ・ドーソンがファウルを犯したのにも関わらず、同僚のDFガレス・マコーリーがレッドカードを提示され、退場処分となった。

  似たケースで、先月28日のマンチェスター・ユナイテッド対サンダーランド戦でもサンダーランドのDFウェズ・ブラウンが、実際にファウルを犯したDFジョン・オシェイと間違われ退場となった。(後にオシェイのレッドカードは取り消し)

  こうした誤審が相次いでいる現状も踏まえ、英国内ではビデオ判定導入の是非についての議論が高まっている。しかし、国際サッカー連盟(FIFA)は、先月28日にビデオ判定の導入はないと発表している。

  インファンティーノ事務局長は、単にテクノロジーを導入すれば済むというのは短絡的すぎると考えているようだ。

  「例えば、アディショナル・アシスタントレフェリー(追加副審)を配置すればミスはなくなるだろう。そうすれば何が起きたかをすぐに確認でき、訂正をすることも出来る」と、すでにセリエAやUEFAチャンピオンズリーグで採用されているように、ゴール脇にレフェリーを配置する案をプレミアリーグでも採用することを推奨している。

  「テクノロジーが必要だと、口で言うのは簡単だ。でも本当に必要なことはどんなケースにおいても、もっと議論することだと思う。フットボールの世界では、もうゴールラインテクノロジーが使われているじゃないか」

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R