忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

『ミクシィ』を完全復活させたゲーム制作会社に200億円売却説

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

『ミクシィ』を完全復活させたゲーム制作会社に200億円売却説

『ミクシィ』を完全復活させたゲーム制作会社に200億円売却説

 “怖い話”の稲川淳二出演のCMでヒットが加速しているスマートフォン用ゲーム『モンスターストライク』(以下『モンスト』)を開発したゲーム会社が“200億円で売りに出された”との奇怪な情報が投資家の間で飛び交っている。

 このゲームを配信しているのは、2年前に赤字に転落し経営が危ぶまれたソーシャル・ネットワーキング・サービスのミクシィ。
 「ところが、その同年の10月に『モンスト』のiPhone版が先行配信されるや、業績は急上昇。’15年3月期の業績予想では過去最高益の290億円の黒字を見込んだのです」(投資家の一人)

 『モンスト』をミクシィと組んで開発したのは、『ファイナルファイト』や『ストリートファイターII』シリーズなど数々の名作を生んだ、元カプコン専務取締役でフリーゲームプロデューサーの岡本吉起氏。しかし、その岡本氏の個人会社に売却話が出回っているというのだ。
 「実は“200億円で買わないか”という話を、パチンココンサルタントから持ちかけられたんですよ。岡本氏はミクシィから月10億円以上のロイヤルティーが支払われているとの話もある。しかもゲーム利用者数はまだまだ伸びており、1年半もすれば200億円稼げる計算になる。その会社がたったの200億円で売却しますかね。どうも詐欺臭い匂いがしますよ」(投資家のテレビ関係者)

 しかし、制作会社の内情を知るゲームソフト関係者はこう言う。
 「ゲームのフリープロデューサーはソフトを作っては失敗の繰り返しで、そのたびに莫大な借金ができる。岡本氏は前の会社を潰しているほどですから、例外ではありません。社長である岡本氏の奥さんが、これまでの借金を一度整理したいと周囲に話していたという情報もあるため、200億円での売却話はあながち嘘とも言いきれません」

 先行きに注目だ。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R