忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

【オススメ東京→金沢行き方まとめ】北陸新幹線だけじゃない! 金沢の魅力を最も感じられる通好みのルート / 一度外国へ行きそこから金沢を目指す贅沢な旅

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【オススメ東京→金沢行き方まとめ】北陸新幹線だけじゃない! 金沢の魅力を最も感じられる通好みのルート / 一度外国へ行きそこから金沢を目指す贅沢な旅

【オススメ東京→金沢行き方まとめ】北陸新幹線だけじゃない! 金沢の魅力を最も感じられる通好みのルート / 一度外国へ行きそこから金沢を目指す贅沢な旅

 

2015年3月14日、ついに東京駅から金沢・富山間の北陸新幹線が開通する。いままで不便だったので行けなかった北陸地方にぜひ新幹線を使って行きたいという人は多いと思うが、本当に新幹線がベストな交通手段なのだろうか?

画像を見る

いや、そもそもだ! スピードや利便性、コストをいちいち気にして、旅を思う存分に楽しめるのだろうか? ……記者にとって、答えはノーだ。いくら普段節約していようとも、旅に出るとなったら、パーっと行かなきゃ意味がない。パーっとよ、パーッと! 

というワケで、編集部の記者たちがそれぞれの「東京 → 金沢」の行き方を紹介してきたのだが、今回私がオススメするのは、一度外国へ行き、そこから金沢へダイレクトに飛ぶ方法。これこそが、金沢の魅力を思う存分に味わう超贅沢ルートだ!

「贅沢っていうか……何のためにそんなことを? 直接金沢へ行けばいいだろう!」と思う人も多いだろう。しかし、このルートにはこのルートでしか味わえない醍醐味がある。先日、私(記者)が実践したので、実際のルートと合わせて、この方法ならではのメリットをご紹介しよう。

・実際のルートと日程
■2月24日 / ANA:東京(羽田空港・8時40分発)~沖縄(沖縄那覇空港・11時30分着)
■2月24日 / アシアナ航空:沖縄(沖縄那覇空港・同日13時00分発)~ソウル(仁川国際空港・同日15時20分着)
■2月25日 / 大韓航空:ソウル(仁川国際空港・2月25日9時05分発)~石川(小松空港・同日10時50分着)

記者の旅程は、上の通り。飛行機に乗っていた時間は、トータルで約7時間。ちなみに、なぜ、羽田から直接ソウルへ行かなかったかと言うと、この企画が急に決まったため、同日の羽田発の直行便が全部埋まっていたから。ただそれだけである。結果的に、沖縄経由でさらに贅沢な旅になってしまった。

・ポイントその1:「金沢らしさ」を最大限味わえる
では、なぜわざわざ外国に行くのか? その答えは、金沢の魅力と直結している。金沢と言えば、兼六園や金沢城、古い武家屋敷などで有名な場所。早い話が、日本らしさをバリバリ感じられる街である。

そんな金沢のよさをより感じようと思ったら、外国からそのまま行くのが一番効果的。例えばもし東京から金沢へ向かったとしたら、日本 → 日本だからそれほど差を感じられないかもしれない。しかし、外国から直で金沢だと、ギャップが大きくなり、“金沢の和の文化” をより味わえるワケだ。

コッテリ系の料理を食べた後にさっぱりとした和食を食べると、より美味しく感じられるのに似ている。なんて贅沢~!

・ポイントその2:仁川国際空港が何かと楽しい
外国経由ルートの中でも、記者のお気に入りは、韓国の仁川国際空港を利用する方法。その理由は、距離的に近く、小松空港に直行便が飛んでいるから……だけではない! 仁川国際空港が、何かと充実しているのだ。フリーWiFiはもちろん、マッサージチェアや、シャワールームまであるほか、私が訪れた日には空港内でアーティストのライブまで行われていた。

なお、以前本サイトで紹介した「世界の快適な空港ランキング」では、仁川国際空港は世界のあらゆる空港の中で第2位である。

・ポイントその3:「ソウル発・ロックリバー行き」という語感がイイ
まだまだメリットはあるぞ。石川を無理矢理英語にすると……ロックリバーではないか。つまり「ソウル発ロックリーバー行き」……なんて惹かれるネーミング! ロック好きもソウル好きも、「死ぬまでに一度は行きたい」と願う夢のルートじゃん!

厳密に言えば、仁川国際空港はソウル市ではない上に、何より音楽のソウルとはスペルが違うが、細かいことはどうでもいい!

・ポイントその4:「日本海横断」という語感もイイ!
さらにさらに、ソウルから小松空港へ行くということは、必然的に日本海を飛び越えることになる。つまり、「日本海横断ルート」である。この語感もイイ! “日本海を越えて~東へ向かう~” なんて、まるで演歌の歌詞のようだ。

余談だが、石川県と言えば、元ヤンキースのゴジラ松井選手の出身地。実は松井選手のお父さんは、演歌歌手としてCDをリリースしている。その点でも、なんとなく石川県へ行くのにピッタリのルートだろう。

・最大の欠点
上記の通り、メリット盛りだくさんの韓国経由ルートだが、残念ながら欠点もある。その最たるものは、メチャクチャお金がかかるということ。当初、記者は「羽田発ソウル行きの格安チケットなんていくらでもあるだろ」と思っていたのだが、問い合わせると、割引が適用されるチケットの多くは往復チケットらしい。

上のルートの場合、どうしても最終目的地が小松空港になるため、羽田から行こうが関空から行こうが、片道ずつチケットを取る必要がある。要は、割引がきかなかったのだ。今回はチケットを取ったのが直前だった上に、沖縄経由になったから尚更だった。

ちなみに、燃料サーチャージやらを全て含めて、実際にかかったチケットの総額は約13万7000円である!

・仁川国際空港のベンチで寝る
こうして交通費でお金を使いまくった結果、記者が仁川国際空港へ行った際には、なんと結局空港から一歩も出られず。予算を節約するために、空港のベンチで寝ることになってしまった。しかも、施設がより充実している出国審査ゲートの中ではなく、外のベンチである。

「その時点で贅沢じゃないだろ」と思うかもしれないが、真の贅沢とは何も高級ホテルに泊まることだけではない。空港のベンチで、世界中からやって来た旅行者と一緒に眠るのも、一つの贅沢である。

確かに、寝にくい上に、夜は寒かった。と言うより、全く眠れなかったが、そんな体験をした後だからこそ、金沢に到着した時の感動は、デカい! 我慢するところは我慢して、最後にドーンだ。金沢の魅力を最大限味わいたい人は、お試しあれ!

Report:和才雄一郎

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R