忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ペットボトルで野菜を育てる「ペットマト」の成長が楽しみすぎる件 / ミニトマトとバジルを育成中

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ペットボトルで野菜を育てる「ペットマト」の成長が楽しみすぎる件 / ミニトマトとバジルを育成中

ペットボトルで野菜を育てる「ペットマト」の成長が楽しみすぎる件 / ミニトマトとバジルを育成中

 

自分で食べるものは自分で作る、いわゆる自給自足。ある意味で究極のライフスタイルである「自給自足」に憧れている人は、少なくないことだろう。だが実際は、自給自足どころか自家菜園もハードルが高いもの……。ぶっちゃけ、「土」の扱い方がよくわからないのだ。

画像をもっと見る

そんな人にこそぜひオススメしたいのが、ペットボトルを使った野菜育成キット『ペットマト』である。専用キット以外で用意するものは、“水とペットボトルだけ” というお手軽仕様なのに、ちゃんと野菜が作れてしまう超優れものなのだ。

・土が必要ない
ペットマトを販売しているのは、兵庫県で園芸センターとしてスタートしたGoodlab(グッドラボ)。「植物の面白さや可能性、園芸の楽しさや奥深さを、エンターテイメントという創造の世界に乗せて、世界に向けて発信します」をコンセプトにした、新時代園芸メーカーである。

ペットマト最大の特徴は「土がいらない」ということ。専用キット以外には、水とペットボトルだけあればOKなのだ。「ベランダで家庭菜園くらいしたいなぁ」と思いつつも、土の扱い方がわからずにイマイチ踏み出せないという人でも、これならば気軽に利用できるだろう。

・準備は5分くらいで終了
筆者は都内の雑貨店で発見したが、種類もかなり豊富。プチトマト・フルーツトマト・枝豆・ペパーミント・バジル・青じそ・ハバネロ・四季なりイチゴ・すいかキュウリ……などなど、目移りすること間違いなしのラインナップである。筆者は迷った挙句、「プチトマト」と「バジル」を購入した。

さっそく家に持ち帰り、試してみることに。空のペットボトルを2本用意していざスタート。まずはペットボトルに水を入れ、専用のキャップをはめる。支柱を差し込み種をまいたら、アップサンドと呼ばれる砂をかぶせ、水をふりかけるだけである。5分もしないで完了してしまった……!

・オフィスでも栽培できそう
あとは芽が出てきたら間引きし、定期的に水を変えたり栄養剤を入れるだけである。──なんという手軽さ! 基本的にはペットボトル1本分のスペースしか取らないから、家庭だけではなくオフィスでも栽培できそうだ。ただし、日当たりがいい場所に限るぞ。

まだ種をまいた直後なので、芽や根は出ていないが、ミニトマトは約3カ月半、バジルは約2カ月半で収穫できるようだ。経緯についてはいずれまたご報告したい。栽培開始時期は特に指定は無いようだが、徐々に暖かくなってくる春先にはピッタリだろう。気になる人はぜひ試してほしい。

参考リンク:ペットマト
Report:P.K.サンジュン

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R