忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ホームでバイエルンに敗戦…ドルト指揮官「相手の方が上手だった」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ホームでバイエルンに敗戦…ドルト指揮官「相手の方が上手だった」

 ホームでバイエルンに敗戦…ドルト指揮官「相手の方が上手だった」

 

 バイエルン戦後ファンに挨拶へ行くクロップ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

  日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、4日に行われたブンデスリーガ第27節でバイエルンと対戦し0-1で敗れた。ドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督が試合後にコメントしている。日本語版クラブ公式サイトが5日に伝えた。
 
  首位を走るバイエルンを、ホームのシグナル・イドゥナ・パルクに迎えたドルトムント。リーグ戦7試合無敗だったが、昨シーズンまでドルトムントに所属していたバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに決勝ゴールを許し0-1で敗戦した。
 
  試合後、クロップ監督は「立ち上がりの10分間は本当にいい内容で、比較的高い位置からプレスがかかっていた」と序盤のチームパフォーマンスを評価したが、「その後はバイエルンが主導権を握るようになり、序盤のようなプレーができなくなった上、チャンスをつくれなくなっていった。バイエルンが自陣に引き、フィジカル勝負を挑んできたので、自分たちの意図するサッカーも、ファイナルサードで突破口を開くこともできなくなった」と前半を振り返った。
 
  そして同監督は、「後半は内容が改善され、チャンスをつくり、バイエルン守備陣を何度となく苦しめた上にカウンターを許さなかったが、それでも十分ではなかったね」と良い流れではあったが得点を奪えず悔しさを見せた。さらに、「個々の局面でもバイエルンの方が上手だったので、この結果を受け入れるしかない。バイエルンが先制した場面では、レバンドフスキが(マッツ)フンメルスからうまくボールを奪ったと思う」と相手チームを称賛し、「いいチャレンジだったが、ああいった1対1の局面でやられてはいけない」と反省点を挙げている。
 
  ドルトムントは次節、11日にボルシアMGとのアウェーゲームに臨む。
 
 

 本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R