忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

兵庫ミイラ化遺体 衰弱死させられた女性2人が抱えた孤独

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

兵庫ミイラ化遺体 衰弱死させられた女性2人が抱えた孤独

兵庫ミイラ化遺体 衰弱死させられた女性2人が抱えた孤独

 理解できない。

 昨年9月、兵庫・姫路市でミイラ化した女性の遺体が見つかった事件で、尼崎市の土木作業員の男(69)が6日、ようやく同県警に保護責任者遺棄致死と死体遺棄容疑で書類送検された。

 男は06年9月ごろ、姫路市のマンションで同居していた無職の石井美千代さん(当時73)を衰弱死させ、07年2月ごろに近所の空きビルのポンプ室に遺棄した疑い。

「美千代さんは花柄のパジャマ姿で、紙おむつを着けた状態でミイラ化していた。男は美千代さんと20年来の内縁関係にあったのに、寝たきりになった彼女の介護に嫌気が差し、そのまま病院にも連れて行かずに衰弱死させた。『金もなかった』などと供述しています」(捜査事情通)

 まったくどうかしているが、話はこれで終わらない。この男は別の女性も衰弱死させていた。

「男は美千代さんの遺体を遺棄してすぐに、姫路市に住む無職の三木綾子さん(当時41)と同居を始めた。1年半ほど一緒に暮らしましたが、綾子さんにも持病があって、病状が悪化した途端に、彼女を見捨てて逃げてしまったのです。綾子さんは08年10月ごろに衰弱死した。男はこの件でも書類送検されました」(前出の捜査事情通)

 人でなしとはこの男のことだが、死体遺棄については公訴時効が成立。遺棄致死も物証が乏しいため、逮捕を見送ったという。

「女性2人に共通しているのは、親族や友人と疎遠で、孤独だったことです。美千代さんが遺体で見つかったのは死後8年経ってから、三木さんは半年後に近隣住民が発見した。今の時代を感じます」(県警関係者)

 やるせない。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R