忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

対日挑発を繰り返した中国・王毅外相 「良識」がない国はどちらなのか

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

対日挑発を繰り返した中国・王毅外相 「良識」がない国はどちらなのか

対日挑発を繰り返した中国・王毅外相 「良識」がない国はどちらなのか

 安倍晋三首相が今年夏に発表する戦後70年談話に対し、中国の王毅外相が露骨な挑発を突きつけてきた。「70年前に日本は戦争に敗れた。70年後に良識を失うべきではない」と言い放ち、今年9月に予定している戦勝記念軍事パレードについて「誰であれ、誠意を持ってくるのなら歓迎する」と“踏み絵”ともいえる居丈高な態度を示したのだ。安倍首相には毅然とした姿勢が求められそうだ。

 これらの発言は、8日の全国人民代表大会(全人代=国会)での記者会見で飛び出した。王外相はさらに、「日本の政権を握る者は、胸に手を当てて自問すべきだ」「歴史の重荷を今後も背負っていくのか、過去を断ち切るのか」とも述べ、安倍首相を牽制する姿勢を鮮明にした。

 もっとも、一連の発言への識者の見方は冷ややかだ。

 中国事情に詳しい評論家の石平氏は「中国が『良識』だって? もはや笑い話だ。中国当局による国民への弾圧、少数民族の抑圧を見れば、この国の政府には良識のかけらもないということは明らかだ」と断じる。

 国際政治学者の藤井厳喜氏も「中国の挑発は、国際社会での日本の評判を落とし、日本が強い国家になることを防ごうという宣伝戦の一環だ」と分析し、こう続ける。

 「中国が対外的に強い態度に出るのは、国内が安定していないことの裏返しだ。習近平政権が進める反腐敗運動の結果、大規模な権力闘争が起きつつあるのだろう」

 戦勝記念軍事パレードへの条件付き“招待”に、安倍首相はどう対応すべきか。

 石平氏は「そもそも、日本への当てつけとして開くパレードであり、無視するべきだ。行くという選択肢はない」と語り、藤井氏も「日本に『朝貢』を促そうという狙いに呼応する必要はない」と言い切った。

 70年談話発表前の5月には、親中派として知られ、王外相にも近いとされる自民党の二階俊博総務会長が約3000人を率いて訪中する。二階氏が「安倍政権の獅子身中の虫」(藤井氏)とならないことを願いたい。2015/3/10 16:56 更新

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R