忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

映画『ソロモンの偽証』主演・藤野涼子の芸能プロ争奪戦が過熱する理由

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

映画『ソロモンの偽証』主演・藤野涼子の芸能プロ争奪戦が過熱する理由

映画『ソロモンの偽証』主演・藤野涼子の芸能プロ争奪戦が過熱する理由

 3月7日に公開された、ベストセラー作家・宮部みゆき原作の松竹の超大作映画『ソロモンの偽証』で女優デビューした藤野涼子(15)の獲得を巡り、大手芸能プロによる争奪戦が水面下で活発化している。

 『ソロモンの偽証』は、宮部みゆきの作家生活25周年の集大成とされる作品を松竹が映画化。4月11日には後編が公開される予定だ。まさに松竹が社運を懸けているといっても過言ではないが、同時に松竹は、宮部が名付け親となり主演の役名でデビューした藤野の大ブレイクにも期待を寄せているという。
 「松竹は主演の役名でデビューした俳優と縁がある。2年前に亡くなった故・三國連太郎さんは、松竹の『善魔』(1951年)という作品で“三國連太郎”の役名で俳優デビューしているからです。今回の藤野は約1万人のオーディションから選ばれた逸材。それだけに期待しているんです」(映画関係者)

 すでに藤野はベテランの共演者からも「15歳にしては度胸がすわっている。この子は将来、大物女優になる」という声も上がっている。そのため、芸能プロが藤野獲得に動き出しているという。
 「藤野は子役専門の事務所に所属してますが、子役としての活動はエキストラ程度で、ないも等しい。しかも藤野は4月から高校生で芸能界では大人扱いのため、子役専門の事務所ではマネジメントが難しくなる。そこで、大手芸能プロなどが獲得に動き出したんです」(事情通)

 加えて、藤野の事務所移籍を加速させるこんな話もある。
 「実は去年の夏ごろから、所属事務所前に民族派団体の街宣車が訪れ、創業者一族の一人が経営する不動産会社が暴力団を使って地上げをしたことを糾弾。事務所は子供たちへの影響を考え、街宣差し止めの仮処分を申請し認められましたが、事実関係については裁判で争われている。それだけに、親たちも子供を預けるのが不安な状況が続いているのです」(同)

 どこが獲得するのか。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R