忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

楽天・安楽“プロデビュー”で見えた心配のタネ デーブ監督「1軍100%ない」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

楽天・安楽“プロデビュー”で見えた心配のタネ デーブ監督「1軍100%ない」

楽天・安楽“プロデビュー”で見えた心配のタネ デーブ監督「1軍100%ない」

 

 楽天のドラフト1位・安楽智大投手(18)=済美高=が12日、春季教育リーグ・ヤクルト戦(戸田)で実戦初登板。1回を無安打無失点に抑え、上々の“プロデビュー”を飾った。

 8回から4番手で登場。最速146キロの直球とスライダーを軸に、ヤクルトの若手打者を三者凡退。2三振も奪った。

 「緊張もなく、普段通り投げられた。もう少し直球の走りがよければ楽な投球ができたはず。少し力んでしまった」

 そう振り返ったルーキーは、2月の沖縄・久米島キャンプでは制球もままならず、酒井2軍監督から「練習生」と酷評された。それでも「打者相手じゃないとアドレナリンが出ない。自分は実戦で投げないと良さが出ない」と公言。その通りといえる結果に酒井監督は「試合の中で対戦を重ねていけば、いい方向にいってくれそうだね」とたたえた。

 だが、安楽の有言実行は、新たな火種を呼びそうだ。「早く1軍に上がれるようにアピールしたい」と意気込むが、この日の投球内容を聞いた大久保監督は「今年は(1軍は)100%ないといえる」と明言。今季を2軍での育成に充てる方針だ。

 「新人王と2ケタ勝利」を目標に掲げる右腕と指揮官の見解はまさに真逆。球団関係者は「安楽は結果でアピールして上にいくことをモチベーションにしている。気持ちが萎えないか心配だよ」と心配顔だ。

 技術面に関してもズレがある。杉山2軍投手コーチは「(高校)2年生のときのフォームを思い出してくれればいい」と自己最速の157キロをマークした際のフォームを理想としているが、安楽は「2年のときが一番だとは思わない。体も成長していますし、自分としては戻したところは1つもない」と否定的だ。

 持ち前の反骨心があつれきを生まなければいいが…。 (片岡将)2015/3/14 16:56 更新

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R