忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

聖地ではなくなったヤンキースタジアム…輝き薄れる「サッカー兼用」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

聖地ではなくなったヤンキースタジアム…輝き薄れる「サッカー兼用」

聖地ではなくなったヤンキースタジアム…輝き薄れる「サッカー兼用」

 【ダッグアウトの裏側】これも時代の流れなのか。

 サッカーの米プロリーグ(MLS)に今季参入したニューヨーク・シティー(NYC)が15日、ヤンキースタジアムで開幕戦を行った。これまでもサッカーやアメリカンフットボールなどの試合が単発で開催されてきたが、NYCは大リーグのシーズン中もホームとして使用する。

 NYCはヤンキースや、英プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティーのオーナーグループが共同保有するチーム。ヤンキースタジアムをサッカー兼用にすれば集客力や話題性が高くなるばかりか、ヤンキースの遠征中も稼ぐことができる。ビジネスとしては正しい選択かもしれないが、多くの野球ファンの反感を買ったのも事実。「大リーグの聖地ではなくなった」という声も上がっている。

 2010年にジョージ・スタインブレナー前オーナーが80歳で亡くなるまで、こんなことは考えられなかった。強引なワンマン経営で批判も多かった一方で、野球と競馬、そして勝利を愛していたからだ。

 印象深いのは、現在のヤンキースタジアムの建設計画を発表した会見。旧球場の取り壊しを疑問視する女性リポーターに、こう返答した。

 「あなたは球場で試合を見たことがありますか? トイレが少なくて女性ファンが困っているのを知っていますか? 新球場ができれば、そんな問題も解消されます」

 もちろん新球場建設で多くの利益も得ただろうボスだが、ファンを大切にしていた。対照的に息子のハル・スタインブレナー現オーナーは、ビジネスライクな人物だ。

 ヤンキースは主将のデレク・ジーター内野手が昨季限りで引退。今季は苦戦が予想されている。ヤンキースタジアム独特の雰囲気が薄れれば低迷は必至。名門の輝きまで失ってしまいそうだ。

 ■田代学(たしろ・まなぶ) サンケイスポーツ一般スポーツ担当部長。1991年入社。プロ野球のヤクルトと巨人を担当後、休職し米オハイオ大に留学。復職後は長野、シドニー両五輪の担当を経て、2001年から13年11月まで米国駐在の大リーグ担当キャップ。全米野球記者協会理事や13年ワールドシリーズの公式記録員を日本人記者で初めて務めた。愛称は「ガク」。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R