忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

赤ちゃんの頃からオジさんのニオイがするってホント?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

赤ちゃんの頃からオジさんのニオイがするってホント?

赤ちゃんの頃からオジさんのニオイがするってホント?

 【カラダの不思議】テレビなどでは、よく奥様などが「男くさ~い!」と言って、靴やベッドなどに消臭剤などをまくシーンがある。

 でも、女だって加齢臭があるし、今は男も身だしなみに気を使う人が多いだけに、男ばかりがくさいわけではないだろう。

 ただし、不思議なのは、「乳幼児の頃から、女の子は甘い良いニオイがするのに、男の子は男くさい」「男の子は、赤ちゃんの頃からオジさんのニオイがする」なんて聞くことがあること。これってホント? 都内の皮膚科医に聞いた。

 「赤ちゃんの時期は、確かに独特なニオイがありますよね。実は赤ちゃんの時期は、ママのホルモン分泌の関係から、皮脂分泌が盛んなんですよ。だから、独特のニオイというのは、脂のニオイだと思います」

 また、男女差については、次のように説明する。

 「皮脂を分泌する皮脂腺は、男性ホルモンと関係しており、男性ホルモンは男の子のほうにもともと多いため、男の子のほうが皮脂のニオイが強いということはあると思います」

 実際、「赤ちゃんのうちでも、男の子のほうが、頭皮から脂っぽいニオイがする」という声は、よく聞くそうだ。

 「また、赤ちゃんの体表には、“アポクリン腺”という汗腺がたくさんあることも影響していると思います。アポクリン腺は、脇の下など特定の部位にしか存在しないものなんですよ」

 それがなぜ、赤ちゃんの体表に?

 「本来、人間は、体中にアポクリン腺があったと言われています。そして、アポクリン腺からニオイを出すと同時に、体温調節を行っていたという歴史があるのです。それが、人間の脳が発達するにつれて、アポクリン腺の体温調節のみでは不十分になり、ほぼ無臭の汗を出す『エクリン腺』に進化していったようです」

 赤ちゃんのアポクリン腺は、成長につれて次第に消滅していき、思春期以降に働きが活発になり始めるそう。だが、赤ちゃんの頃には、一時的にニオイが強まることがあるのだという。

 皮脂腺と汗腺の関係で出てくる「赤ちゃん臭」。しかも、男の子はやっぱり小さな頃から「男くさい」面もあるのだった。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R