忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

『ゾイド』がついに復活!? 新デザイン『MPZ-01 シールドライガー』2015年10月発売予定

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

『ゾイド』がついに復活!? 新デザイン『MPZ-01 シールドライガー』2015年10月発売予定

 『ゾイド』がついに復活!? 新デザイン『MPZ-01 シールドライガー』2015年10月発売予定

 

 トミー(当時)から1982年に登場した『ゾイド』シリーズ。共和国と帝国の間で動物や恐竜をモチーフにした兵器が繰り広げられる戦いと、そのメカの心躍らされいたという人も多いはず。1999年と2004年にはテレビアニメ化もされ、さまざまなモデルが登場していますが、2009年の『ガルタイガーGC』で商品展開と生産を終了。その後ホビージャパンからコンセプトアートブックが刊行などされていましたが、タカラトミーからの新たなゾイドのモデルは途絶えていました。

 

 そんな中、2015年秋よりデザインに新たな解釈を加えて、1/72スケール電動ZOIDSを復活させることが発表されました。『トランスフォーマー』シリーズも発売している『マスターピース』名義となっており、手始めとして『MPZ-01 シールドライガー』が2015年10月に発売される予定となっています。

 
 

 新たな『シールドライガー』は、鼓動・歩行・咆哮・という3種類のアクションと、リアルサウンド、ライトギミックを楽しむことができる全長約39cmの1/72モデル。初代のギミックを再現しているほか、新たに顔側面部分が展開する機能を追加され、生命感を表現しているとのこと。

 
 

 レーザーサーベルや背面のAMD2連装20mmビーム砲はそのまま。背面ビーム砲は砲口を向けることが可能。

 
 

 新デザインでは、従来の『ゾイド』で採用されてきたゴムキャップからロック式キャップへ変更。経年劣化を防ぎ、塗装をしてオリジナルなモデルへカスタマイズすることも。キャップを締める専用ツールも付属しています。

 
 

 尻尾の関節には軟質素材を採用。「最高峰ハイエンドモデルシリーズ」と銘打たれているだけに、より細かな動きが表現できそう。

 
 

 メーカー希望小売価格は12000円(税別)。公式サイト『ZOIDS OFFICIAL SITE』で最新の映像と画像を公開されています。また、『タカラトミーモール』等での予約受付もスタート。今後、は2015年5月14日から17日まで開催される静岡ホビーショーや、東京ビックサイトで2015年6月18日~21日に開かれるおもちゃショーでお披露目される予定とのことなので、『ゾイド』ファンは必見です。

 

 マスターピースゾイド MPZ-01 シールドライガー商品PV – YouTube
 
 https://www.youtube.com/watch?v=5FV5KHSdGe4
 
 

 

 『ZOIDS OFFICIAL SITE』
 
 http://www.takaratomy.co.jp/products/zoids/masterpiece/

 
 

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R