忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

いちごは美容成分たっぷり! 甘いいちごの見分け方と、甘くないいちごを「甘く」食べる方法とは

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

いちごは美容成分たっぷり! 甘いいちごの見分け方と、甘くないいちごを「甘く」食べる方法とは

 いちごは美容成分たっぷり! 甘いいちごの見分け方と、甘くないいちごを「甘く」食べる方法とは

 いちごは美容成分たっぷり! 甘いいちごの見分け方と、甘くないいちごを「甘く」食べる方法とは春の果物といえば、いちご。いちごはビタミンCが豊富で、一日に半パック食べれば、一日に必要なビタミンCが摂れます。またポリフェノールも含んでいるため、美容にうれしい効果もあります。その他整腸作用のある水溶性の食物繊維のペクチン、体内のナトリウム(塩分)の排泄を促してむくみをとり、高血圧を予防するカリウムといった成分も。最近では、虫歯予防効果があるキシリトールを含んでいることも注目されています。

 ■甘いいちごの見分け方

 いちごは、ヘタの部分を取った状態で洗うとヘタの部分からビタミンCが流出してしまうため、へたは取らずにさっと水洗いをしてそのまま食べるのがオススメです。

 ところで、いちごにも“当たり外れ”があります。「思ったよりも甘くない」といったことを無くすためには、まず新鮮なものを選ぶこと。基準は、「同じ品種どうしで比べるなら、へたが反り返っていて、濃い色をしている」ものです。実の大きさは関係ありません。

 また、NHK「ためしてガッテン」に出演したいちごの達人によると、「表面の皮に裂け目が入っているものは甘い」のだそう。裂け目は「これ以上入らないくらい糖がたまった証拠」なのだとか(※他の理由で皮が裂けることや、裂けにくい品種もあります)。ただし、そういったいちごは“見た目が良くない”ため、なかなかスーパーなどに並ばないのだとか。いちご狩りに行ったときや、産直品売り場などで見かけたら、是非食べてみましょう。

 ■甘くないいちごを甘く食べる方法

 NHK「ためしてガッテン」では、甘くないいちごを甘く感じて食べる方法も紹介。実はいちごは、下半分のほうが甘く、上半分と下半分で、糖度がおよそ3度ほど違うそうです。そのため、生食するときはいちごを上下にカットし、下半分だけを食べると、より甘味を強く感じることができます。上半分はコンデンスミルクや牛乳をかけたり、ジュースにしたりすると良いでしょう。

 ■いちごの保存方法

 いちごは重ならないように、浅めのバットなどに並べ、ラップをかけて野菜室に保存します。洗うのは、食べる直前がベストです。余ったら、冷凍しておくのもひとつの方法です。

 また、いちごは野菜室に入れていても傷みが早いものですが、傷んでしまった時は、「50度のお湯」で洗ってみましょう。50度のお湯に2分ほどつけるだけで、黒ずんだりしわしわになった部分が“生き返る”のだそうです(ただし傷みすぎたいちごや、白く変色してしまった部分は戻りません)。是非旬の甘みを楽しみましょう!

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R