忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

現役教師のための会員制サイト「TOSSメディア」がオープン、教育関係の電子書籍を配信

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

現役教師のための会員制サイト「TOSSメディア」がオープン、教育関係の電子書籍を配信

 現役教師のための会員制サイト「TOSSメディア」がオープン、教育関係の電子書籍を配信

 3月25日、ブックビヨンドのクラウド型電子出版・書店開設プラットフォーム「wook」を利用して作られた現役教師のための会員制サイト「TOSSメディア」が正式オープンした。利用には有料の会員登録(1万2000円/年、初月は無料)が必要。PC/スマートフォン/タブレットから閲覧できる。
 
  TOSS(Teacher’s Organization of Skill Sharingの略、「教育技術法則化運動」の意)とは、優れた教育技術を教師の共有財産とすることを提唱している教育者・向山洋一さんを代表とした団体および活動。2000年5月には教育ポータルサイト「TOSS ランド」を立ち上げ、“明日の授業で使える”をキャッチコピーに、授業に役立つ発問集や、子ども向けの学習ゲームなど2万以上のコンテンツを公開している。
 
  TOSSメディアでは『教育トークライン』『教室ツーウェイ』など、TOSSが執筆・編集した教育雑誌のバックナンバーをはじめ、各種コンテンツを再構成・編集し、電子書籍化したものを配信する。オープン時には約250冊を取り揃え、以降毎月20冊を配信していく。
 
  電子書籍は内容を検索できるほか、ダウンロードおよび印刷にも対応している。臨時増刊なども随時配信し、今後5年間で3000冊規模の教育コンテンツ収蔵を目指すという。[eBook USER]

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R