忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

駐韓米大使を襲撃した男、病院への搬送中に「痛い」と叫び続ける―中国メディア

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

駐韓米大使を襲撃した男、病院への搬送中に「痛い」と叫び続ける―中国メディア

 駐韓米大使を襲撃した男、病院への搬送中に「痛い」と叫び続ける―中国メディア

 リッパート駐韓米大使が韓国人の男にナイフで切り付けられて負傷した事件で、男が身柄を確保されて病院に搬送される途中、「痛い」と叫び続けていたことが分かった。5日付で環球網が伝えた。
 5日付の韓国YTNによると、男は病院に搬送される途中、「痛い」と叫び続けた。市民団体「ウリマダン独島守護」の代表を務める金基宗容疑者で、取り押さえられた際には「今日、リッパートにテロ攻撃した。自分は『ウリダマン』の代表だ。チラシも作った。軍事演習に反対するチラシだ」などと叫んだ。
 リッパート大使はソウルにある世宗文化会館の世宗ホールで、刃渡り25センチのナイフを持った金基宗に襲われ、顔面と左手首を負傷して大量に出血。江北(カンブク)サムスン病院に緊急移送され、治療を受けた。命に別条はないという。
 韓国紙・中央日報によると、金基鐘は10年7月にも在韓日本大使館にコンクリートのかたまりを投げつけたとして、懲役2年、執行猶予3年の判決を受けている。
 (編集翻訳 小豆沢紀子)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R