忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

<選抜高校野球>静岡 力強い打撃見せつける

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

<選抜高校野球>静岡 力強い打撃見せつける

 <選抜高校野球>静岡 力強い打撃見せつける

 ◇第87回選抜高校野球大会(22日、第2試合)
 
  ○静岡(静岡)7−1立命館宇治(京都)●
 
  甲子園の雪辱は甲子園で晴らす。昨夏の甲子園では一度はリードしながらも4失策が響いて、星稜に初戦負けした静岡。悔しさをバネに培った力強い打撃を見せつけた。
 
  打球の勢い、飛距離が相手と違った。象徴は昨夏も先発した平野。逆転した後の三回2死一、二塁で、カウント1−2と追い込まれた。「がむしゃらに行くしかない」と手を出した5球目は、ボール気味の外角高め。捉えるのは難しい球を力強く手首を返して振り抜く。右翼手の頭上を越える2点二塁打で試合の流れを作った。
 
  この日の先発のうち、平野を含む6人が昨夏の甲子園逆転負けの経験者だ。苦さとともに学んだのは「試合ではミスするもの。フォローする力が必要」と主将・安本。それが逆境をはね返す打力だ。
 
  新チーム発足後から、徹底的に体を鍛えた。昨秋の公式戦のチーム打率は32校中トップの4割1分9厘。それが一冬越えて、すごみが増した。
 
  二塁打2本を含む10安打、7点。成果を発揮し、ようやく甲子園での勝利をつかみとったというのに、どこか不完全燃焼気味。3番・内山は「勝てたのはうれしいけど(全体で)長打が少ない」。東海大会覇者の秘めた実力はこんなものではない、と言いたげだ。【岸本悠】

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R