忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ウクライナ外相、「停戦後も緊迫化、ロシアは正規軍も派遣」「国境完全封鎖が必要」=防衛兵器の早期提供を要望―東京で記者会見

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ウクライナ外相、「停戦後も緊迫化、ロシアは正規軍も派遣」「国境完全封鎖が必要」=防衛兵器の早期提供を要望―東京で記者会見

 ウクライナ外相、「停戦後も緊迫化、ロシアは正規軍も派遣」「国境完全封鎖が必要」=防衛兵器の早期提供を要望―東京で記者会見

 2015年3月3日、ウクライナのクリムキン外相は日本記者クラブで記者会見し、ロシアが同国東部の親ロシア派勢力を継続的に支援しており、兵器や資金の供与だけでなく、ウクライナ東部でロシア正規軍も派遣されていることを明らかにした。その上で、「防衛、主権と領土統一の保全のためならいかなる手段も辞さない」と強調。米国が検討している防衛目的の兵器や装備の提供に関し、通信機器や監視用無人機などの早期提供を要望した。
 
 【その他の写真】
 
 クリムキン外相によると、停戦発効後も緊迫した状況が続き、政府側が維持している東部ドネツク州の港湾都市マリウポリでも、親ロシア派武装勢力が近郊に軍を展開していると指摘。東部全般でも「困難な情勢で、緊張状態が続いている」と明かした。ロシアから越境してくる大量の兵員や最新鋭の兵器が不安定要因になっているとし、「ロシアとの国境を完全に閉鎖する必要がある」と述べた。(八牧)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R