忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

チュニジア博物館襲撃、容疑者の1人は高校生

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

チュニジア博物館襲撃、容疑者の1人は高校生

 チュニジア博物館襲撃、容疑者の1人は高校生

 
  チュニジアで、日本人など21人が殺害されたテロ事件。容疑者の1人は高校生でした。大学進学を目指していた青年の突然の変化を父親が証言しました。
  銃を持ち、あたりを見回しながら歩く2人の男。事件当時の容疑者の姿を、現場となった博物館に設置された防犯カメラが捉えた映像です。射殺されたジャーバル・ハシュナウイ容疑者とヤシン・ラビディー容疑者。2人の接点は明らかになっていませんが、去年12月中旬にリビアに向かったことがわかっています。
 
  ハシュナウイ容疑者は20歳ですが、中学校、そして高校で、それぞれ1回留年していて、まだ高校生でした。その実家は、事件現場のチュニスから300キロ離れた所にありました。
 
  「ここはハシュナウイ容疑者が住んでいた地区です。彼の一族は、このあたりでは有名で、この通りは彼の祖父の名前がついているほどです」(記者)
 
  『タハル・ハシュナウイ通り』。容疑者の祖父の名前です。
 
  「あそこで死んだんだ。タハル・ハシュナウイ。チュニジア独立の殉死者だ。(英雄の孫がテロリストと聞いてどうですか?) 私の知らないことだ。何も言えない」(容疑者の祖父を知る老人)
 
  実家は周辺の家よりも大きく、あたりに広がるオリーブ畑は、すべて一族の土地。しかし父親は、「決して裕福なわけではない」と話します。
 
  「何も持っていませんよ。私は労働者なんです。息子は勉強を続けて、兄たちのようにちゃんとした大人になると思っていたので無念です」(ハシュナウイ容疑者の父親)
 
  5人兄弟の末っ子で、真面目な性格。携帯電話は持っていましたが、インターネットに接続できるものではなかったということです。
 
  「息子は礼拝をきちんとする、 信用できる子でした。勉強好きで、思慮深く内気で、女の子に話しかけたりできない。通りかかっただけで赤くなるぐらいだったのに。(リビアに連れて行かれてからの)4か月で洗脳されてしまいました」(ハシュナウイ容疑者の父親)
 
  今年6月には、大学入学の資格試験を受ける予定だったというハシュナウイ容疑者。リビアに行く直前まで、いつもと変わりなく学校に通っていましたが、学校関係者によりますと、去年12月中旬、期末テストが終わってからは無断欠席となっていました。
 
  地元の生徒からは、「イスラム教の礼拝所であるモスクなどで、過激派組織がスカウトを行っている」という話も聞かれました。
 
  「精神的に弱い子を見つけて、神様のためとか、あとで天国に行けるとかいって、家族にお金をたくさんあげて洗脳するんだ」(地元の中学生)
 
  ハシュナウイ容疑者はリビアから父親に電話をかけ、「チュニスにパスポートを置いてきた。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R