忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ミャンマー軍機、中国領で撃墜されたとの噂広まる―香港メディア

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ミャンマー軍機、中国領で撃墜されたとの噂広まる―香港メディア

 ミャンマー軍機、中国領で撃墜されたとの噂広まる―香港メディア

 ミャンマー機が11日、中国領で撃墜されたとの噂がネット上で広まっている。8日の政府軍と民族民主同盟軍(MNDAA)の戦闘でも流れ弾が中国側に着弾し、民家が全壊したと中国外交部が発表したばかり。12日付で香港メディア・東網が伝えた。
 
 【その他の写真】
 
 MNDAAが入手した情報として伝えられたところによると、ミャンマー機1機が11日、雲南省鎮康県の鳳尾鎮で撃墜され、中国軍が現場を封鎖して残骸の捜索にあたっている。撃墜された戦闘機の国籍は不明との情報もある。
 MNDAAによると、12日にもミャンマー軍戦闘機が鎮康県を空爆したほか、ミャンマー政府が焼夷弾でMNDAAの駐留地を砲撃して一帯が火の海となり、中国側の南傘鎮まで延焼した。ミャンマー軍の迫撃砲は少なくとも3発が雲南省側に着弾し、死傷者が出たとの情報も広がっている。
 ミャンマー政府軍の主力部隊である第66野戦機動師団がミャンマーのカチン州からゆっくりと撤退し、シャン州コーカン地区でMNDAAと交戦したとも伝えられている。米華字ニュースサイト・博訊は、ミャンマー軍は戦闘力を喪失させる化学兵器を使用したと報じている。
 (編集翻訳 小豆沢紀子)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R