忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

不安の裏返し?日本で“自画自賛”風潮が蔓延・・韓国ネットは「日本も大変になってきたんだな」「我々も自国文化にプライドを…」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

不安の裏返し?日本で“自画自賛”風潮が蔓延・・韓国ネットは「日本も大変になってきたんだな」「我々も自国文化にプライドを…」

 不安の裏返し?日本で“自画自賛”風潮が蔓延・・韓国ネットは「日本も大変になってきたんだな」「我々も自国文化にプライドを…」

 韓国・ソウル新聞は17日、「日本では最近、『日本は素晴らしい』などとして世界に日本の事を発信しようという声が高まっている」と報じた。その背景には、長引く不況や韓国と中国の台頭によって日本人が抱く不安感があると分析している。
 記事は、日本では今月12日に「SUGOI JAPAN Award2015」が開かれ、マンガ部門では「進撃の巨人」が、アニメ部門では「魔法少女まどか☆マギカ」が1位に選ばれたことを伝えた。このイベントについては「外務省と経済産業省が後援」「世界に知らせたい日本のコンテンツを国民投票で選ぶ」と紹介した。
 また、日本のテレビでは、福岡在住のカナダ人女性ミカエラ・ブレスウェートさんや、米国出身の日本文学者ロバート・キャンベル東京大学教授ら、日本に好意的な外国人が人気となっていると指摘。さらに、海外で活躍する日本人を紹介する、あるいは外国人に日本の優れた点を聞くなど、「日本と日本人を賞賛する番組」が増えているとした。出版界でも、最近は「日本をほめたたえる書籍」が相次いで出版されているという。
 ソウル新聞は、こうした現象を指す「ポジティブ・ナショナリズム」という用語も登場していると紹介。その原因を「20年以上の長期不況を経る間、韓国や中国などの周辺国が成長するのを見守っていた日本人の不安感が最大の理由と指摘されている」などと分析し、「日本国民が過去に『経済大国』として持っていた自信を失い、『自画自賛』によって慰めている」と結論付けている。
 この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。
 「日本は性進国で有名。世界の人々から認められている」
 「自国の文化を高く評価するのは問題ではない。だが、自国の問題点を見ないことは愚か」
 「日本はマンガ大国。それを宣伝することは韓国も見習ったほうがいい。韓国には何がある?K-POP?」
 「日本のアニメは面白い。ストーリーも絵も最高」
 「一言で、日本はマスターベーション中」
 「韓国にもすごいことがある。それは、文化を殺すこと。昔はマンガを敵にしてマンガ業界を不振に陥れ、今度はゲーム業界を敵にしている。ゲーム強国のタイトルを他国に奪われて後悔しても仕方がない」
 「日本文化は素晴らしい。職人が多く、仕事も長く続ける。その中でいいアイディアが生まれる。極右の狂った連中がいなければ、一番暮らしてみたい国」
 「少なくとも自国を愛していることはうらやましい。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R