忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

北京で発掘された古墓群に「朝鮮人」の墓、「韓国人がまた妄想を始める」とネット騒然―中国メディア

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

北京で発掘された古墓群に「朝鮮人」の墓、「韓国人がまた妄想を始める」とネット騒然―中国メディア

 北京で発掘された古墓群に「朝鮮人」の墓、「韓国人がまた妄想を始める」とネット騒然―中国メディア

 北京市大興区で発掘調査が進められている古墓群で、「朝鮮県」出身者の墓が見つかり、「韓国人がまた妄想を始める」と中国ネットユーザーが待ち構えている。18日付で観察者網が伝えた。
 この古墓群には後漢(25年~220年)から、遼(916年~1125年)、金(1115年~1234年)までの古墓が129基あることから、「北京千年古墓群」と呼ばれている。この中に「朝鮮県」出身者の墓があることが分かり、謎を呼んだ。中国のネット上では「韓国人がまた妄想を始める」と揶揄する声も上がったが、実はこの「朝鮮県」は中国に置かれたものらしいことが、史料に記載されている。
 墓の主は「韓顕度」という名前で、本籍は楽浪郡朝鮮県。楽浪郡は、前漢の漢武帝が紀元前108年に朝鮮半島の「衛氏朝鮮」を滅ぼした後、同地に設けた4つの郡の1つで、現在の北朝鮮・平壌にあたる。紀元313年、高句麗に奪還された。史料には、北魏(386年~534年)の時代に、中原政権が北方を統一する過程で、「朝鮮民を肥如(現在の河北省秦皇島市)に移住させ、朝鮮県(現在の河北省盧竜県)に再び置いた」と記載されている。「朝鮮県」が河北省にあったとすれば、北京とはそれほど離れていない。
 北京千年古墓群に「朝鮮人」が埋葬されていた理由は解明されたが、中国のネットユーザーは「韓国人がまた妄想を始める」と舌戦の開始を予想している。
 (編集翻訳 小豆沢紀子)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R