忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

北朝鮮が「外国人観光客の入国停止」を解除か。外貨獲得のため、中止した大型イベントも復活!?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

北朝鮮が「外国人観光客の入国停止」を解除か。外貨獲得のため、中止した大型イベントも復活!?

 北朝鮮が「外国人観光客の入国停止」を解除か。外貨獲得のため、中止した大型イベントも復活!?

 

  昨年10月24日以降、外国人観光客の入国を全面停止していた北朝鮮が、3月2日、近日中に停止を解除する見込みであることが判明した。
 
  公式発表は本稿執筆時点(3日)では出ていないものの、北朝鮮旅行の手配代理をしている中国大連の旅行社によれば、瀋陽の北朝鮮領事館へ確認したところ、本国から数日内にエボラ出血熱対策による入国禁止処置についての最新情報が3月2日か3日に発表されると回答があったという。
 
  2日朝には米韓軍事演習への対抗処置で日本海へミサイルを2発打ち込み中国メディアでも報じられた直後だったので、予想外のタイミングだ。
 
  昨年10月23日夕方、翌日から外国人の観光観光客の受け入れを全面停止すると一方的に通達した同国では、外国人のみならず北朝鮮人も帰国すると3週間の隔離処置を受けたり、また、10月24日前に入国した一部の外国人も出国できないような状態が続き、観光や中朝貿易などに大きな影響を出ていた。そしてついに、この情報が現実のものとなるならば、4か月間以上に及ぶ入国制限が解除されることになるわけだ。
 
  入国停止解除はほぼ確定とみられているものの、運行休止中の高麗航空の瀋陽~平壌便の運行再開は未定のままだという。
 
  高麗航空もすぐにでも運行を再開させたいのが本音だろうが、現在、再開しても2週間足らずで多くの航空会社がフライトスジュケールを切り替える3月末を迎えるため、運行再開は、今月末以降になるのではないかと前出の旅行社代表は見通しを示す。
 
 ◆開催中止が決まったイベントはどうなる?
 
  北朝鮮が閉ざしていた扉を再び開くことで、同国が喉から手が出るほど欲しがっている外貨が入ってくるわけであるが、すでにエボラ対策を理由に中止を発表している大型イベントについては果たしてどうするのだろうか。
 
  現段階で、中止や外国人の参加禁止が発表されているイベントは、「テコンドー創設60周年記念式典 」(4月11日・中止)、「平壌国際マラソン」(4月12日・外国人の参加禁止)、「アリラン祭り」(8月から・中止)、「第19回テコンドー世界選手権大会」(8月24日・中止) がある。
 
  平壌国際マラソンへ参加予定だった日本人アマチュアランナーは、「仮に外国人の参加禁止が解かれたとしても、1か月ちょっとで大会へ備えることは難しく、また、会社員なので休暇申請などが間に合わないので再エントリーは難しい」と話す。
 
  これだけのイベントを中止させたままでは、せっかくのエボラ流入阻止のための入国禁止を解除したとしても、外貨獲得のチャンスを逃すことになる。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R